So-net無料ブログ作成

PL6:ARSENAL vs Chelsea [Arsenal マッチリポート]

ARSENAL 3−0 Chelsea
2016年9月24日(土)Premier League , Emirates Stadium

Goal 
 (11)7Alexis
 (14)14Walcott(←24Bellerin)
 (40)11Özil(←7Alexis)


33Cech

24Bellerin 20Mustafi 6Koscielny 18Monreal

19Cazorla  34Coquelin

14Walcott  11Özil  17Iwobi

7Alexis



(31)34Coquelin>>>29Xhaka
(69)17Iwobi>>>3Gibbs
(79)7Alexis>>>12Giroud

Substitutes
 13Ospina
 16Holding
 15Oxlade-Chamberlain
 9Perez
 

Arsenal 1.jpg完勝!!

PLでは5年に渡り勝利を掴む事が出来なかった
チェルシーを相手に
完璧な形で勝利を挙げる事が出来ました。

先発は予想通り
ハル戦と同じメンバーを組んできました。

試合はここまで一方的な試合になるとは
正直思いませんでした。
PLでは5年もの間勝利を掴む事が出来なかった様に
選手が代わっても、監督が代わっても苦手な相手という事が
最近のアーセナルには染み付いてしまっていましたので
この試合も苦しい戦いになるのではないかと
誰もが思っていたと思います。
しかし試合が始まってみますと
心身ともに万全な準備を行ってきたと思われる
アーセナルはどの局面においても完璧だったと思います。
それに対してチェルシーは
敵ながらいったいどうしてしまったのかと
心配してしまうほどバラバラで醜いプレーに終始し
そして選手ひとりひとりも戦う姿勢が見えてきませんでした。

その様なチェルシーは案の定ミスを犯し
そのミスから先制ゴールを奪いました。

11分、バックパスを受けたケイヒルが
クルトワに戻そうとした所を
7アレクシスが猛然とプレッシャーをかけてミスパスを誘い
そのままボールを奪った7アレクシスは
浮き球でクルトワの上を通して先制ゴール!!

ケイヒルのプレーが軽率だったと言えばそれまでですが
7アレクシスのみならず
勝利の為に全力で戦う姿勢をはっきりと見せていたアーセナルと
ケイヒルに限らず緊張感が欠如していたチェルシーの守備陣との
この1戦に対する気持ちの違いが
はっきりと出た場面だったと思います。

この先制ゴールの余韻が冷めやらぬ前に追加点が生まれました。

14分、11エジルから17イウォビに縦パスが入った所から始まりました。
重心を低くして守備を固めていたチェルシーの
スペースのない2ラインの間で11エジルからの縦パスを受けた
17イウォビはダイレクトで一度11エジルに戻しましたが
しかしそのダイレクトのリターンを受けた11エジルは
再びダイレクトで17イゥオビに戻しました。
そこから右サイドを駆け上がってきた24ベジェリンにパスが送られ
その24ベジェリンがダイレクトで中に折り返した
グラウンダーのクロスに
14ウォルコットが合わせてゴール!!

アーセナルらしい全てが完璧に連動した崩しだったと思います。

ポイントは2つだったと思います
まず1つ目は
スペースを消す為に2ラインの間をタイトに保っていた
守備のブロックを動かしてスペースを作り出した
11エジルと17イウォビのダイレクトパスのやり取りだと思います。
ここで2ラインの間にスペースを作り出した事で
17イウォビは右に向かって侵入する事が出来
24ベジェリンへのパスコースを作る事が出来たと思います。
そして2つ目はチェルシーの左SBのアスクリピエタを中に絞らせた
14ウォルコットのゴール前へ向かった動きだと思います。
この動きでガラ空きになった右サイドに
タイミング良く24ベジェリンが上がり
その24ベジェリンに17イウォビからパスが出された時点で
勝負はほぼ決まったと言って良いと思います。
個々の動きに全く無駄がなく
そしてボールタッチにしても余計なボールタッチは一つもない
完璧な仕掛けだったと思います。

続けざまにゴールを奪った事で
チェルシーの守備陣はさらにバタバタとする様になり
再び相手のミスから追加点のチャンスが生まれました。

18分過ぎ、前に大きく蹴り出そうとしたイバノヴィッチが
事もあろうか17 イウォビに当ててしまい
そのこぼれ球を11エジル〜7アレクシスと繋いで
シュートを放ちました。
シュートはヒットせずにゴールになりませんでしたが
7アレクシスが色気を出さずに
ファーサイドから中央に走りこんできていた
14ウォルコットにパスを出していたら
決定的な場面になったいたと思います。

前半でチェルシーがチャンスを作ったのはこの場面位だったと思います。

20分過ぎ、右サイドを侵入してきたアザールが
ドリブルでカットインしながら
一度中央のコスタにボールを預けました。
そのリターンを受けたアザールは
左サイドでフリーだったウィリアンにパスを出し
そこからシュートが放たれましたが僅かに枠の外でした。

アザールの個人技で切り裂かれた格好ではありますが
逆サイドでウィリアンをフリーにしてしまっていたのは問題であり
本当ならば17イウォビが戻ってくるべきだったと思います。
攻撃面に関してはボールを持つたびに
期待を抱かしてくれるプレーを何度も見せてくれますが
一方でこの場面の様に帰陣が遅れるなどの
守備の面での約束事にまだ穴を空けてしまう場面があり
早急に改善しなければならない17イウォビの課題だと思われます。

その後アクシデントが発生しました。

27分過ぎ、34コクランがカンテのシュートをブロックした時に
右膝を負傷してしまいました。

昨シーズンと同じ箇所を負傷した可能性がある様で
同様の怪我ならば昨シーズン同様に
2ヶ月前後離脱する可能性があるかもしれません。
今シーズンのアーセナルの中盤は
35エルネニーに加え29ジャカも加入した事で
近年にないし烈なポジション争いが繰り広げられていますが
そのし烈なポジション争いの中で
19カソルラと共に劣勢を跳ね返して
ファーストチョイスの座を確保していただけに
34コクランにとっては非常に残念な怪我だと思われます。
一方で現在のアーセナルの中盤は
前記の様に29ジャカや35エルネニーが控えていますので
34コクランが離脱したとしても大きな問題にならない所は
スカッドの充実ぶりを表していると思います。

そして前半終了間際、この試合を決める3点目が決まりました。

40分、チェルシーの攻撃を防ぎ
6コシールニーから11エジルへパスが出された所から
カウンターが発動されました。
6コシールニーのパスを受けた11エジルは
非常い素早く仕掛けてきたカンテのファーストプレスを
反転する動きで鮮やかにかわしてそのままドリブルで駆け上がりました。
そしてケイヒルとダビド・ルイスの2人のCBに対して
11エジルと7アレクシスの2対2の状況となり
11エジルのパスで中央から右へ流れた7アレクシスから
今度はパスを出した後に左サイドに開いていた11エジルへリターンパスが送られ
そのパスをダイレクトボーレーで合わせてゴール!!
バウンドさせてクロトワの頭を越していったシュートは
11エジルらしい面白いアイデアだったと思います。

このカウンターの場面では
ダビド・ルイスの死角に入ってパスを引き出した7アレクシス、
ケイヒルの死角に入ってパスを引き出した11エジル、
やっていた事は至ってシンプルだったと思います。
しかし結果としてたった2人でゴールをこじ開けてしまいました。

後半も何度か決定的な場面を作りました。

68分過ぎ、17イウォビからのパスで
14ウォルコットが抜け出してシュートを放ちました。

残念ながらクルトワの好セーブで防がれてしまいましたが
トップスピードで走り込んできた4ウォルコットに向かって
タイミングの良いラストパスを出した17イウォビのパスも
素晴らしパスだったと思いますが
サイドの位置から斜めに走り出し
トップスピードでアスクリピエタの裏に抜けていった
14ウォルコットの仕掛けには迫力がありました。

特にこれまでの14ウォルコットであれば
トップスピードで仕掛けている時に相手DFにヒットされると
すぐにバランスを崩して倒れてしまう事が多かったと思いますが
この場面ではアスクリピエタにヒットされても
多少はバランスを崩しましたがそのまま踏みとどまって
粘り強くシュートまで持っいく事が出来た所には
これまでと大きな違いを感じます。
このプレーからちょっとやそっとの事では簡単には倒れず
必ずシュートを放とうとする強い意志を感じました。
守備の局面でもそうでしたが
この試合の14ウォルコットは攻守に渡って
とにかくファイトしていたと思います。
チェルシーが攻め込んできたらすぐに下がり
必要ならば激しいチャージも厭わない泥臭いプレーで
24ベジェリンをフォローし
攻撃に転じれば
ハル戦と同様に中に入ったりサイドに出たりを繰り返しながら
チャンスに良く顔を出していたと思います。
決定機になりそうな場面でも
特に7アレクシスからはパスを出してくれないと言う
信頼関係の面には問題を残している様に見えますが
7アレクシスを0トップとして配置する現在のシステムにおいて
サイドアタッカーとしてサイドを仕掛けるスタイルではなく
セカンドストライカーとしての役割を担う
現在のスタイルこそが
14ウォルコットを活かす答えなのかもしれません。
CFを目指して遠回りした事で
完全に道に迷ってしまっていた14ウォルコットですが
やっと出口が見えてきた様に感じます。

一方後半も危険な場面はこの2つの場面位だったと思います。

72分、コスタに出されたパスのこぼれ球を処理する時に
6コシールニーと20ムスタフィが重なってしまった所で
ボールをロストしてしまい
そのボールを受けたペドロに抜け出されてしまいました。
しかしそのピンチを24ベジェリンは
ペドロを後ろから猛然と追いかけ
ペナルティに入る前には追いついて
完璧なタックルでボールを奪い返してみせました。

24ベジェリンのスピードには驚かされるばかりですが
この場面では24ベジェリンのスピード以上に
その責任感に感動すら覚えます。
既に試合は3−0となり勝負が決まった状態でしたので
無理して追いかけなくても、、、
と言う邪念が出てしまう選手もいると思います。
現実的にこの試合でも3点目を奪ったカウンターの場面では
11エジルのターンでかわされたカンテも
イバノヴィッチとアスクリピエタの両SBも
誰一人として全力で帰陣しようとしていませんでした。
すぐに追いつけなくても全力で帰陣していたら
11エジルがボーレーシュートを撃つ前に
誰かしら追いついていたかもしれませんでしたが
彼らは最初から諦めてしまっていました。
2−0でも3−0でも
もう勝敗には関係ないと思ってしまったのか
最初から諦めてしまっていました。

しかし24ベジェリンは違いました。
この場面のピンチは言うなれば
6コシールニーと20ムスタフィのミスから生まれたピンチですので
悪い言い方をすればこの二人のミスの尻拭いとも言える状況でしたが
それでもチームの為にそしてミスを犯した仲間の為に
120%の力を出す事に何の躊躇も見せませんでした。
まぁ、24ベジェリンは尻拭いなんて意識は全くないと思われますが、、、
チームの為に全力で戦い
そして必要ならばいつでも犠牲になる事も厭わない
この24ベジェリンの姿勢には感動を覚ると共に
たくましさを感じます。
こう言う選手がチームの中に何人もいるのかどうか?
これが今のアーセナルとチェルシーとの最大の差だと思います。

そして最後は33チェフが見せてくれました。

83分過ぎ、ダビド・ルイスのロングフィード一本で
抜け出してきたバチュアイと
33チェフは1対1の状況になってしまいましたが
その状況も冷静な対応でシュートをブロックして
ゴールを守りきりました。

あれほど調子が悪かった昨シーズンのチェルシーに対しても
敗れてしまった事を考えますと
ここまで差を感じる様な展開になるとは
正直考えてもいませんでした。

勝因は幾つかあると思います。
勿論、前半の内に3ゴール奪った攻撃陣の充実ぶりは
大きな勝因だと思いますが
やはり昨シーズンの敗因の切っ掛けとなっていた
コスタを完全に黙らせてしまった
6コシールニーと20ムスタフィの
CBコンビの活躍は忘れてはならないと思います。

20ムスタフィに関してははアーセナルに移籍してから
これで3試合目になりますが
ここまでの試合ではPLやアーセナルのスタイルに
多かれ少なかれ戸惑いを見せる場面があり
その実力の全てを我々に見せる事はなかったと思います。

そして6コシールニーとの連携面に関しても
合流して1ヶ月も経っていない状況ですので
当然といえば当然ではありますが
これまでの試合ではバラバラに感じる場面が何度もありました。
しかしこの試合ではお互いがお互いの動きを理解し、
カバーする意識が出てきた事と共に
20 ムスタフィ自身も闇雲に前に出てチャレンジしすぎる様な
全体的にバタバタする様な感じが減った事で
DFラインに安定感が出てきていた様に感じます。

勿論、この試合でも何度か動きが重なってしまう場面はありましたので
まだまだ改善の余地はあるのかもしれませんが
それでもこの2人のコンビネーションはかなり改善されたと思います。

この2人の連携が確立され始めた事もあり
元々人に対しては強く先手を取るのも上手いこの2人は
結果としてその特徴を十分に活かして
コスタにボールを触らせない様に先手を打ち
仮にボールを受けられたとしても
強いプレッシャーをかけて前を向かせる事をさせずに
完全に封殺する事に成功したと思います。

短期間の間にここまで改善できたのは
やはりこの1週間が肝だった様に個人的には感じます。
前節のノッティンガム・フォレスト戦では
この試合の先発メンバーを誰一人として連れて行きませんでしたが
反対に言えば残ったメンバーは
このチェルシー戦の為にこの1週間かけて
入念に準備する時間が与えられたと言えると思います。
PLにCL、そしてカップ戦も始まりましたので
スケジュール的には週2試合のペースで
試合を行っていかなければなりませんが
このペースでスケジュールをこなしていくと
入念な戦術練習などを行う時間は殆どないと思われます。
攻撃陣に関してはシステムや選手の配置は多少変わっても
昨シーズンまでと同じメンバーで組み変えられているだけですので
連携面が確立するのはそれほど時間は必要ないかもしれませんが
20ムスタフィが加わったDFラインはそうはいきません。
そう言う意味でもこの時期に1週間かけてしっかりと戦術練習を行い
連携面の改善に努める事が出来た事は
非常に意義があったと思います。

それと共に、この試合では全ての選手が
チェルシーを撃破する為に
一つの方向に向けていた点も勝因の一つだと思います。
90分間誰一人として気を緩める事なく集中して
戦う姿勢を崩さなかった時に見せる強さを
久しぶりに見た様に感じます。

一方のチャルシーに関して言えば
誰一人として同じ方向を向いていなかった様に見えました。
ここ最近何度となく苦汁を舐めさせられてきた
チェルシーとは思えないほどバラバラのチームになっていました。

コンテの戦術が浸透していない為の混乱期なのか?
それともコンテがチームを掌握出来ていないのか?
原因は分かりませんがとにかくチームとしては
バラバラなのは確実だと思います。

コンテのコメントを毎回チェックしている訳ではありませんが
補強が上手く進まない事に対してコンテが発したコメントの中に
非常に気になるコメントが個人的にはありました。

「昨季のメンバーは5位や6位に値するメンバーではなく、
10位に値するメンバーだということを覚えておいてくれ」

補強が進まない状況に対して
フロントに圧力をかける為に発したコメントだと思いますが
個人的には公の場で発するべきコメントではなかったと思います。
もしもこのコメントをそのまま受け取ってしまえば
昨季のメンバー達では10位が精一杯と言う意味に取れます。
このコメントを聞いたチェルシーの選手達に
反骨精神が芽生えれば良いと思いますが
長年チェルシーを支えてきたと自負しているベテランと
プライドの高いワールドクラスの選手が多い
チェルシーの選手達にとってはプライドを傷つけられ
PL制覇する力が今のチームにはないとコンテが思っていると
感じる選手がいてもおかしくないと思います。
この様な状況で信頼関係が保てるとは個人的には思えません。

監督によって色々なタイプがいますので
この様なコメントが功を奏する事もあると思いますが
逆に求心力を落としかねない様にも思います。
現実的に9月に入ってからのチェルシーの戦績を考えますと
その戦績も偶然ではないのかもしれません。

そういう事を考えますと
これまで失笑の対象にされる事が多い
ボスが度々発する「我スカ」コメントには
奥深さを感じずにはいられません。

このままチェルシーが再び空中分解してしまわないか
敵ながら、、、、心配はしませんけどね。

7アレクシスを0トップで起用するシステムの成熟、
DFラインの連携面と安定感の向上、
そしてチーム全体が一つの方向を向いて
戦う姿勢を強烈に見せる事が出来た現時点のアーセナルは
確実にレベルを上げたと思います。

そう思わせるには十分な快勝劇だったと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

33チェフ

 終盤バチュアイとの1対1も冷静な対応で違いを見せる。 久しぶりにクリーンシートを達成する。

24ベジェリン

 攻撃時にはウイング的にサイドから仕掛け、守備時にはその快速でチームを救う。 すでに貫禄すら感じる。

20ムスタフィ

 やっと本領を発揮する。 コスタの姑息な手段を出させる間もなく完全に封じる。 6コシールニーとのコンビネーションも大分築かれてきた。

6コシールニー

 難敵のコスタを真正面から受け止めて、その上で仕事をさせず。 ゲームキャプテンとして派手に鼓舞する事はないがその存在感だけでチームは強力なバリアーに包まれる。

18モンレアル

 やっとらしいプレーを見せた。 ここから調子を上げてくれる事を望む。

19カソルラ

 地味な裏方仕事をこなしつつ、要所要所で鍵となるパスを送りアクセントを付ける。

34コクラン

 中盤で人一倍戦っていたが不運な交錯で負傷退場。 

14ウォルコット

 非常に良かった。 サイドから中に絞ってセカンドストライカーとしての役目をこなす。 一方で深い位置まで下がって泥臭く守備のタスクもこなした。 全身から闘志が感じられた。

11エジル

 鍵となるパスを操り攻撃陣を引っ張った。 因みにゴールのセレブレーションで胸のワッペンをアピールしたのはそう言う事と考えて良いのか?

17イウォビ

 ボールを持てば期待した通りに仕掛けてくれる。 攻撃のユニットの中で外す事のできない重要な選手にまで成長した。 出来る事ならば守備の局面でもう少し存在感を示せればもっと良くなるが、今は気持ち良く攻撃させておいた方がより成長するか?

7アレクシス

 一時も休む事のない7アレクシスならではの先制ゴール。 0トップとしての更に機能し始めた。

29ジャカ

 負傷した34コクランに代わってピッチに入る。 大きな違和感なく機能していた。 スタンドからの「シュー!!」の声は邪魔そうだった。

3ギブス
 
 17イウォビに代わりサイドの守備を安定させる。

12ジルー

 足尖の怪我から復帰する。 プレー中に痛そうな素振りを見せていただけに無理して復帰したのか?  


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

チームに勢いを与える完勝劇でした。

この勝利を試金石に今シーズンの基本スタイルが決まったかもしれません。

これからの1ヶ月は対戦相手的には少し楽になりますので
固まりつつある7アレクシスの0トップシステムと
DFラインの連携面を更に成熟させて欲しいと思います。

とは言え対戦相手的に楽になると言っても
代表戦を挟みつつ週2試合のスケジュールが続きますので
そろそろ怪我人の問題について気をつけなければならないと思います。
昨シーズンも結局怪我人が続出した事で
チームの失速を招いており
怪我人に対するリスクマネージメントは
この辺りから非常に重要になってくると思います。
幸い今シーズンのスカッドは充実していますので
ある程度入れ替えながら戦うだけの選手は揃っていると思います。

ボスの傾向的にはベストメンバーで挑むと思いますが
個人的には次のCLバーゼル戦でも
ある程度選手を入れ替えて欲しいと感じています。
この試合でも中盤を走り回っていた19カソルラを休ませて
35エルネニーを使っても良いと思いますし
絶好調の17イウォビは絶好調なだけに
肉体的な疲労に気付いていない可能性もありますので
週1試合位のペースで起用するのが本当は安全なのかもしれません。

同時にチームにフィットさせる為に
9ペレスにも出場機会を与えなければなりませんし
シーズンが進んでいけば
いつか必ず12ジルーの力が必要な時期がくると思いますので
そろそろ12ジルーのコンディションも
上げていかなければならないと思います。

一方6コシールニー&20ムスタフィのコンビに付いては
連携面の成熟の為にもう少し起用し続ける必要があるかもしれませんが
それと共に開幕から稼働し続けている6コシールニーを
そろそろ休ませる必要もあると思います。
その一方で24ベジェリンをいつ休ませるかの問題は
大きな問題だと思います。

どちらにせよこの勝利で良い流れを掴んだと思います。
そしてその流れを逃さずに更なる流れに作って
勝利を掴み続けて欲しいと思います。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6コシールニー  PL:1G0A CL:0G0A 
7アレクシス   PL:4G2A CL:1G0A
9ペレス     PL:0G0A CL:0G0A EFL:2G1A
11エジル     PL:2G0A CL:0G0A
14ウォルコット  PL:3G1A CL:0G0A
15チェンバレン  PL:1G0A CL:0G0A EFL:1G1A
17イウォビ    PL:0G3A CL:0G0A
19カソルラ    PL:2G2A CL:0G0A
21チェンバース  PL:1G0A CL:0G0A
24ベジェリン   PL:0G1A CL:0G0A
29ジャカ     PL:1G0A CL:0G0A EFL:1G0A 
32アクポム    PL:0G0A CL:0G0A EFL:0G1A
35エルネニー   PL:0G1A CL:0G0A


EFL3rd:Nottingham Forest vs ARSENAL [Arsenal マッチリポート]

Nottingham Forest 0−4 ARSENAL
2016年9月20日(火)EFL Cup Round 3 , City Ground

Goal 
 (23)29Xhaka(←15Oxlade-Chamberlain)
 (60)9Perez(p.k.)
 (71)9Perez(←32Akpom)
 (90)15Oxlade-Chamberlain(←9Perez)


26Martinez

55Maitland-Niles 5Gabriel 16Holding  3Gibbs   

35Elneny  29Xhaka

31Reine-Adelaide  15Ox-Chamberlain  32Akpom  

9Perez



(83)32Akpom>>>68Willock
(83)31Reine-Adelaide>>>40Zelalem
(87)55Maitland-Niles>>>37Bielik


Substitutes
 54Macey
 57Mavididi
 65Sheaf
 41Da Silva
 

Arsenal 1.jpgスポンサーの名前が外れ
EFLカップと名称が変わった
今シーズンのリーグカップ初戦は
現在チャンピオンシップ13位の
ノッティンガム・フォレストとの対戦になりましたが
危なげなく順当に勝利を収めました。

ノッティンガム・フォレストには
10番のシャツを纏うランスバリーに
ドイツからの出戻りのベントナー、
そしてこの試合では
ベンチにも入っていませんでしたがトラオレと
元アーセナルの懐かしい選手が多数所属していました。

先発はハル戦に先発したメンバーから
全て代えてきました。
しかもハル戦で先発したメンバーを
ベンチにも入れていないと言う徹底ぶりでしたが
それでも一昔前に比べてかなり充実したメンバーだったと思います。

GKは13オスピナではなく26マルティネスがゴールマウスを守り
DFラインは怪我から復帰してきた5ガブリエウが
16ホールディングとコンビを組みました。
左SBにはキャプテンマークを巻いた3ギブスが入りましたが
その一方で右SBには2ドゥビュシーではなく
通常は右サイドアタッカー等で起用される事が多い
リザーブの55メートランド=ナイルズが起用されました。
このカップ戦でも2ドゥビュシーが起用されなかったのは
非常に気になります。
怪我で離脱していると言う情報もない事を考えますと
チーム外の存在になっているの可能性もありますが
そうなりますと25ジェンキンソンが復帰するまでの間は
本職の右SBのバックアッパーは
不在の状況になってしまいますので心配です。
CMFは35エルネニーと29ジャカがコンビを組み
2列目には右に31アデレード、左に32アクポム、
そしてトップ下には15チェンバレンを配して
トップには9ペレスが入りました。

試合は両チームの実力差がそのまま出た様な
アーセナルペースの試合だったと思いますが
最初の決定機はノッティンガム・フォレストに訪れました。

8分過ぎ、バックラインでの
5ガブリエウのパスを受けた16ホールディングが
コントロールミスを犯してしまい
相手に奪われてしまったボールを
中央にフリーで入って来たカサミに繋げられ
シュートを撃たれてしまいました。
幸いそのシュートはヒットせずに枠を捉える事がありませんでしたが
DFラインでの決定的なミスを犯してしまった16ホールディングは
猛省しなければならないと思います。
5ガブリエウのパスが16ホールディングの動きと
若干逆になった部分はありますが
16ホールディングの動き方を見ますと
チェックに来たマーカーをかわそうとした所で
ボールが足に強く当たりすぎてしまった様に見えます。
以前から指摘しています様に
16ホールディングは相手をかわそうとしてしまう癖がありますので
この癖は早急に修正するべきだと個人的には思います。

次にチャンスを迎えたのはアーセナルでした。

12分過ぎ、29ジャカからのパスを
2ラインの間で受けた31アデレードが
前を向いてから間髪入れずに送ったスルーパスで
32アクポムがDFラインを上手く突破して
シュートを放ちました。
そのシュートはGKの好セーブで防がれてしまいましたが
非常に息の合ったプレーだったと思います。

この試合サイドで起用された31アデレードと32アクポムは
良かったと思います。
31アデレードに関しては序盤はやや硬さを感じる事もありましたが
すぐに調子を上げていき
柔らかいタッチのボールコントロールのドリブルや
この場面の様なタイミングの良いラストパスを送る等
持てる力を十分に発揮したと思います。

一方の32アクポムは世代的には31アデレードより一つ上で
これまでもファーストチームでの出場機会がある分、
最初から自らの存在価値を積極的にアピールしていたと思います。
本来CFが本職の32がアクポムですが
この試合は新加入の9ペレスを
チームにフィトさせる為の試合でもありましたので
9ペレスを1トップで起用する事が優先されて
32アクポムは左サイドに回されてしまったのは
仕方がないと思われます。
しかし32アクポムはこの場面の様にサイドにとどまる事なく
積極的に中に入ってプレーする姿が何度もありました。
とは言え、サイドを疎かにしていた訳ではなく
多くの場面はサイドでボールを触り
上がってきた3ギブス等に一度ボールを預けた後に
スルスルっと自分が最も得意とする中央のプレーエリアに侵入して
フィニッシュの局面に顔を出そうと試みていた様に見えました。
本来は自分のポジションである中央で勝負したいと
考えてもおかしくありませんが
ひと昔前の14ウォルコットの様に
CFでのプレーを希望しているが故に
サイドを放棄して中央に留まりすぎてしまう様な
エゴを見せる事はせずに
サイドと言う与えられた任務をこなしつつ
最終的には自分の本来のポジションである
中央のエリアで出来る事をしっかりとアピールする姿は
非常に好感が持てます。

残念ながら選手層が厚くなったアーセナルでは
まだ定期的な出場機会が得られていませんが
少なくとも所属クラブを選ばなければ
十分な出場機会が得られるクラブを
幾らでも見つけられるレベルまで
32アクポムは成長していると思われます。
アーセナルではこの様なカップ戦で
しっかりと実績を積んで行けば
近い将来ファーストチームでの居場所が
見つかる様に感じますので
腐らずに地道にアピールし続けて欲しいと思います。

そして先制点はアーセナルが奪いました。

23分、15チェンバレンからパスを受けた29ジャカが
ハル戦に続き距離のある所から左脚を振り抜きました。
相手の選手の背中をかすめて軌道が少し変わったそのシュートは
GKの指先をかすめてゴール左上に突き刺さりゴール!!

ハル戦のゴールがまぐれではない事をこのゴールで証明しました。
ここ最近のアーセナルはこの距離から
ゴールを狙える選手がいませんでしたので
非常に有効な飛び道具になると思います。
それと共にこの距離から狙う事が出来ると言う事は
相手もこれまでの様に2ラインの間のタイトに保って
ゴール前を固めているだけではいられなくなり
29ジャカをマークする為に前に出ざる得なくなると思います。
そうなると自ずと2ラインの間にスペースが生まれる様になり
今度はそのスペースにタイミング良く縦パスを入れる事が出来れば
さらにチャンスは広がっていく様に思います。
それだけに1度のみならず2戦連続決めて見せた事は
非常に大きな意味をなす様に感じます。

後半早々にも追加点のチャンスが訪れました。

58分過ぎ、35エルネニーからのパスを
2ラインの間で受けた9ペレスが
32アクポムに向けてスルーパスを送りました。
そのパスを32アクポムがダイレクトでシュートを放とうとした時に
相手DFと交錯してPK獲得!!

60分、そのPKを9ペレスが冷静に決めてゴール!!

更に追加点は9ペレスの真骨頂と言える様なゴールでした。

71分、相手の攻撃を防いだ所からカウンターが発動されました。
ボールを持ち上がってきた32アクポムから
左サイドのオープンスペースに出されたスルーパスで
9ペレスが駆け上がりました。
相手DFとの競り合いながらそのパスを受けた9ペレスは
中に切り込んでいき相手のGKもかわして押し込みゴール!!

32アクポムのタイミングの良いスルーパスも
素晴らしいスルーパスでしたが
スペースのある所を駆け上がってくる9ペレスは
非常に迫力がありました。
一度は相手DFにボールを奪われそうになりましたが
接触プレーを恐れる事なくボールを収める強さを見せ
泥臭くても絶対にゴールに決めようとする
強い意志が見えたゴールだったと思います。
美しいゴールも必要ですが
ストライカーとしてはこの位強引な方が
心強く感じます。

その後は9ペレスに何度かハットトリックのチャンスがありました。

73分過ぎ、3ギブスからのグラウンダーのパスを
32アクポム収めきれずに抜けてきた所を
中央の位置から9ペレスが左脚を振り抜きましたが
ヒットしませんでした。

78分過ぎ、29ジャカから入れられた縦パスを受けた
34アクポムがワンタッチで流したパスで
9ペレスがDFラインの裏に抜け出しました。
しかし9ペレスはシュートではなく
32アクポムへのパスを選択した事で
ブロックされてしまいました。

この試合では9ペレスと32アクポムは
非常に良い連携を見せたと思います。
その32アクポムからのパスで
度々チャンスを与えられていましたので
もしかしたらこの場面では9ペレスは
そのお返しをしようとしたのかもしれませんが
多少角度がない所でしたが
ストライカーならばそのままニアを打ち抜く位の
姿勢を見せても良かったと思います。

そして最後は15チェンバレンが決めて試合を締めました。

後半ロスタイム、40ザラレム〜15チェンバレン〜37ビエリクと繋ぎ
37ビエリクのリターンを15チェンバレンがスルーして
前に走り出した動きに合わせて
9ペレスからスルーパスが送られました。
そのパスで抜け出した15チェンバレンが
冷静にゴールに突き刺しゴール。

この試合15チェンバレンはトップ下のポジションでスタートしましたが
残念ながら機能しなかったと思います。
ボールを持った後のアイデア的にも
そこからのプレーの精度的にも十分ではなく
ボールの収まりもそれほど良くなかったと思います。
一方で終盤の選手交代でサイドに回ってからの15チェンバレンは
見違える様に動きが良くなった事を考えますと
決して調子が悪かった訳ではない様ですので
トップ下でのプレーは色々なプレーを求められる分、
適性的に難しかったのかもしれません。

格下のクラブが相手でしたが
サブ組を中心としたメンバーでも
しっかりと圧倒して4回戦に駒を進めました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

26マルティネス

 危険な場面は殆どなく零封。 

55メートランド=ナイルズ

 本来はサイドアタッカー等の攻撃的なポジションが本職なので大きなインパクトを見せる事は出来ず。

5ガブリエウ

 怪我から復帰する。 怪我の影響は感じさせず安定していた。 

16ホールディング

 序盤のタッチミス以外は全体的に安定していた。

3ギブス

 テンポの良いパス回しから積極的に左サイドを攻め上がりアクセントを付ける。 18モンレアルからポジションを奪い返す準備は出来ている様だ。

35エルネニー

 中盤を積極的に動き回り推進力を与える。

29ジャカ

 中盤の底から巧みにパスを操って攻撃陣に良いリズムとテンポを与える。 そして再びロングシュートをゴールに突き刺しハル戦のゴールがまぐれではない事を証明する。

31アデレード

 最初は硬さが見られたが時間が経つにつれて本来のプレーを見せられる様になった。 柔らかいボールタッチのドリブルとパスでアクセントを付けていた。

15チェンバレン

 トップ下に入ったが機能せず。 印象に残るプレーは80分過ぎにサイドにポジションを移すまで待たなければならなかった。

32アクポム

 非常に良かった。 サイドで起用されたがそのサイドの仕事をこなしつつ要所要所では本来のポジションである中央に入って印象に残るプレーを見せた。 現状としては定期的な出場機会を得る事は難しいが今は我慢して一つ一つ実績を積み上げていけば必ず道は開けるだろう。

9ペレス

 移籍後初ゴールを奪う。 得意のカウンターからの仕掛けは非常に迫力があった。 またゴールだけではなくタイミングの良いラストパスでチャンスメイクにも非凡なものを見せた。 

68ウィロック

 終盤投入される。

40ザラレム
 
 終盤トップ下のポジションに投入される。

37ビエリク

 終盤右SBのポジションに投入される。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

順当に勝利し4回戦に駒を進める事が出来ました。

格下のクラブが相手だったとは言え
ハル戦で先発したメンバーを誰一人として連れて来る事なく
サブ組でこの一戦に挑み、
そして危なげなく完勝すると共に
32アクポムや31アデレードと言った
ファーストチームに定着を目指す若い選手の
活躍も観れた事は良かったです。

昨々シーズンは24ベジェリン、
昨シーズンは17イウォビと
リザーブから這い上がり
そのまま一気にファーストチームの主力選手にまで
駆け上がったこの二人に続く事が出来るのか、
今後楽しみです。

次の4回戦の対戦相手も
チャンピオンシップのレディングに決まりましたので
この二人には再びチャンスが訪れると思います。
そしてこのチャンスを足掛かりとして
是非ともファーストチームに定着して欲しいと思います。

そして次戦はシーズン序盤の山場となるチェルシー戦です。
ハル戦での先発メンバーを置いてきた事を考えますと
次のチェルシー戦もハル戦と同じメンバーで挑む事が考えられます。
この試合でサブ組がしっかりと結果を出した事を十分に意識して
レギュラー組も更なる違いを見せてくれる事を
期待したいと思います。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6コシールニー  PL:1G0A CL:0G0A 
7アレクシス   PL:3G1A CL:1G0A
9ペレス     PL:0G0A CL:0G0A EFL:2G1A
11エジル     PL:1G0A CL:0G0A
14ウォルコット  PL:2G1A CL:0G0A
15チェンバレン  PL:1G0A CL:0G0A EFL:1G1A
17イウォビ    PL:0G3A CL:0G0A
19カソルラ    PL:2G2A CL:0G0A
21チェンバース  PL:1G0A CL:0G0A
29ジャカ     PL:1G0A CL:0G0A EFL:1G0A 
32アクポム    PL:0G0A CL:0G0A EFL:0G1A
35エルネニー   PL:0G1A CL:0G0A


PL5:Hull City vs ARSENAL [Arsenal マッチリポート]

Hull City 1−4 ARSENAL
2016年9月17日(土)Premier League , KCOM Stadium

Goal 
 (17)7Alexis(←17Iwobi)
 (55)14Walcott(←17Iwobi)
 (79)Snodgrass(pk)
 (83)7Alexis
 (90)29Xhaka(←35Elneny)

Sent off
 (40)Livermore


33Cech

24Bellerin 20Mustafi 6Koscielny 18Monreal

19Cazorla  34Coquelin

14Walcott  11Özil  17Iwobi

7Alexis



(67)19Cazorla>>>29Xhaka
(77)17Iwobi>>>35Elneny
(87)14Walcott>>>9Perez


Substitutes
 13Ospina
 16Holding
 3Gibbs
 15Oxlade-Chamberlain
 

Arsenal 1.jpg快勝で3連勝!!

少しずつですが形が見え始めたかもしれません。

先発は膝の問題でパリSG戦では帯同していなかった
14ウォルコットが15チェンバレンに変わって
右サイドで先発し
GKに33チェフが戻って来た以外は
パリSG戦と同じメンバーとなり
12ジルーがつま先の怪我を負った事もあり
この試合でも7アレクシスがトップに入りました。

試合はボールを保持しながら
試合をコントロールするアーセナルと
守ってカウンターを仕掛けるハルと言う流れでしたが
これまでの7アレクシスを1トップで起用した試合とは違って
ただボールを回しているだけの無駄な場面は減り
リズム良くボールが繋げて攻撃が組み立てられていたと思います。

12分過ぎ、左サイドから2ラインの間に
タイミング良く入ってきた17イウォビへ
19カソルラから縦パスが入った所から始まりました。
その17イウォビから7アレクシスへ送られたラストパスは
カットされてしまいましたが、
そのボールを19カソルラ〜11エジル、
そして右サイドの14ウォルコットヘ繋ぎ
その14ウォルコットがダイレクトで中に折り返したクロスを
7アレクシスがダイレクトシュートを放ちました。
そのシュートは枠を捉えられませんでしたが
2ラインの間に出来たスペースに
タイミング良く入ってきた17イウォビへ
17カソルラがパスを入れた所もそうですが、
DFラインの下がる動きの逆を突いて
上手くマーカーを外した7アレクシスと
そこにタイミング良くクロスを入れた14ウォルコットとの間に
プレーイメージの共有が見られた
良い仕掛けだったと思います。

そのすぐ後に先制ゴールが生まれました。

17分、右サイドからの14ウォルコットが放った
ゴールに向かって流れたクロスをGKが弾いてこぼれ球を
17イウォビが丁寧に左脚で叩きシュート!!
遠目からは17イウォビが決めた様に見えましたが
そのシュートをゴール前で7アレクシスが足を出して
コースを変えた事により
記録的には7アレクシスのゴールになりました。

このゴールに至るまでには右から24ベジェリンがクロスを上げ
そのこぼれ球を左から17イウォビがクロスを上げ、
そしてそのこぼれ球を34コクランがミドルシュートを放つ等
間髪入れない波状攻撃に
ハルの守備陣は完全に付いてこれていなかったと思います。

この場面の様に一つ一つの攻撃が単発にならず
1つ目の攻撃が決まらなくても
すぐ2つ目3つ目とすぐに攻撃が組み立て直され
そして多くの場面では
最終的にシュートで終わらせる事が出来ていた所も
この試合の攻撃陣の特徴だったと思います。

23分過ぎ、右サイドからカットインしてきた24ベジェリンから
14ウォルコットへ縦パスが入りましたが
そのパスに合わずに一度19カソルラに戻しました。
そこから19カソルラはドリブルで切り込みながら
右サイドに開いていた11エジルにパスを送り
その折り返しを受けた14ウォルコットは
ダイレクトでシュートを放ちましたが
力強いシュートを撃てずにゴールなりませんでした。

ここでもこれまでならば14ウォルコットが19カソルラに戻した場面で
一度攻撃が終わる場面が多かったと思いますが
そのまま19カソルラがドリブルで切り込み
攻撃を切らさずに最終的にシュートで完結させた所は
攻撃陣の連動性を感じます。

連動性が出てきた攻撃陣はその後も決定機を続けて作り出しました。

26分過ぎ、センターサークルを越えた辺りまで下がってきて
パスを受けた7アレクシスから攻撃が始まりました。
パスを受けた7アレクシスはそのままドリブルで突き進んで
右サイドの24ベジェリンへパスを送りました。
そしてゴール前に侵入した7アレクシスに引っ張られて
DFラインの前に出来たスペースに
遅れた走り込んできた17イウォビに
24ベジェリンからクロスが送られ
ダイレクトシュートが放たれました。
そのシュートはGKのファインセーブで防がれてしまい
そのこぼれ球に対して11エジルもシュートを放ちましたが
枠を捉える事が出来ずにゴールなりませんでしたが
プレーのイメージが共有された連動的な仕掛けだったと思います。

この試合度々見せてきたこの場面と同じ様な形から
この試合の展開を左右する大きな場面を迎えました。

39分過ぎ、34コクランからパスを受けた17イウォビが
パスを受ける時の反転する動きで相手選手をかわし、
DFラインに対してドリブルで一度突っかけてから
右サイドの14ウォルコットに開きました。
そこからの折り返しを遅れた入ってきた34コクランが
ダイレクトシュートを放ちましたが
そのシュートはブロックしようとしたリヴァモアの手に当たり
主審はハンドの反則を取りました。

この場面でハンドを取った事は
普通に考えれば当然の判定ですが
ここ最近のPLでは故意ではないハンドはハンドと取らないと言う
理解出来ないローカルルールが暗躍していた為に
これまでも何度となく泣かされてきました。
しかし今シーズンからは基準を厳しくして
厳格な判定をする様に努める事になった様ですので
これからはこれまでの様に判定に泣かされる事が減る事を
少しは期待したいと思います。
その一方でこのハンドで一発退場は
正直かわいそうだと思います。
シュートに対して腕が反応してブロックしてしまったのならば
故意かどうかは別として一発退場も仕方がないかもしれませんが
この場面ではリヴォモアはそこに腕があった為に
当たってしまっただけですのでハンドではありますが
レヴァモア自身に落ち度はあったわけではありませんので
イエローカードで良かったと思いますし
個人的にはPKのみでも良かったと思います。
一発退場はやり過ぎの様な気はしますが
どちらにせよ非常に醜かったPLの審判の問題が
今シーズンこそは改善される事に期待したいと思います。

しかしこの追加点の絶好のチャンスは逃す事になってしまいました。
このPKのキッカーはPK職人の19カソルラではなく
7アレクシスが蹴る事になりましたが
誰もが「おやっ?」と思った通り
PKはセーブされてしまいました。

追加点を奪うチャンスを逃してしまいましたが
後半始まって早々に遂に追加点を奪う事に成功しました。

55分、19カソルラからパスを受けた14ウォルコットが
17イウォビにボールを預けて
そのままDFラインの裏に向かって走り込みました。
その14ウォルコットの動きに合わせる様に
17イウォビはヒールでスルーパスを送り
DFラインの裏に抜け出した14ウォルコットは
前に出てきたGKをチップキックで頭を越してゴール!!

完璧な崩しだったと思います。
プレー自体はシンプルなプレーですが
そのプレースピードとタイミングが抜群に良かったと思います。

ここまでの流れと数的有利の状況を考えますと
このまま楽勝の展開が予想されましたが
守備組織の甘さからピンチを迎えてしまいました。

77分過ぎ、スノドグラスと入れ替わる形で
メイソンが左サイドを飛び出し
そこからゴールに向かって走り込んできたムボカニに
早いタイミングでラストパスが入れられました。
そしてそのパスに対処する為に前に出て来た33チェフと
20ムスタフィを振り切って抜け出してきたムボカニとが交錯して
PK献上。

79分、そのPKをスノドグラスに決められ失点。

先程のレヴァモアが一発退場ならば
この33チェフのプレーも一発退場でもおかしくなかったと思いますが
判定はイエローのみでした。
確かに今回の判定の厳格化の改定では
この場面の様なGKがファールで止めてしまった時の
カードを出す基準が緩められましたので
その基準でいけばイエローは妥当だと思いますが
決定機をファールで防いだのが
GKならイエローでフィールドプレーヤーならばレッドという
判定基準に違いが出てしまうのは
大きな矛盾に感じます。
この様な場面を見ますとやはりPLの審判団のレベルには
疑問を感じずにはいられません。
この主審の中途半端な判定のお陰で
33チェフが退場にならなかったのは
ラッキーでしかありませんが
結局はPLの審判はルールに付いて表面的な部分しか理解しておらず
一つ一つの基準や事案に付いてより深い理解が出来ていない様に感じます。
審判としてその浅はかさを恥ずかしく思わないのが
不思議でしょうがありません。

この失点で残り時間も気が抜けない展開になってしまいましたが
試合を決めるゴールを奪ったのはアーセナルでした。

83分、アンカーの位置に入っていた29ジャカの
鋭いチェックで奪い返したボールを
34コクランが7アレクシスに繋ぎ
そしてトップスピードでDFラインの裏に抜け出そうとしていた
14ウォルコットにスルーパスが送られました。
パスを受けた14ウォルコットは
相手CBと競り合いながらシュートを放ちましたが
そのシュートはGKにブロックされてしまいましたが
そのこぼれ球を拾った7アレクシスが冷静に蹴り込みゴール!!

この試合で攻撃陣が機能した理由は幾つかあると思いますが
その一つは7アレクシスにあると思います。

1トップに入ったこれまでの試合では
7アレクシスはトップの位置で孤立する事が多かったと思いますが
この試合の7アレクシスは
トップの位置に留まる様な事はなく
プレーの起点はかなり低い位置に置いていた様に見えました。
その起点は2ラインの間だけではなく
場合によっては2ラインの手前の位置まで下がり
仕掛けの早い段階からボールに絡む場面が多かった様に見えました。

そこから自らが起点となって
11エジルや17イウォビ等とのコンビネーションや
自らの推進力を活かして仕掛けて行き
最終的なフィニッシュの局面に入って
初めてトップの位置に侵入する様なパターンが
何度か見る事が出来たと思います。
勿論、ハルの守備陣は2ラインの間もDFラインの選手間も
かなりルーズだった事も助けになっていたと思いますが
この様な「0トップ」としての振る舞いならば前線で孤立する事なく
自らのダイナミズムも活かせると思われますので
これが7アレクシスをトップで使う時の答えなのかもしれません。

しかし本来の「0トップ」はトップ下の仕事を兼務する様な
プレーが多くなりますので
トップ下の11エジルと足を踏み合う可能性もあると思います。
この点に関してもゲッツェを「0トップ」の様に配置するドイツ代表で
既に経験済みですので上手く対応出来るのかもしれません。
同時に7アレクシスが下がって出来たトップのスペースに
誰かが侵入する事も必要だと思いますが
その点も14ウォルコットがトップの位置とサイドを
行ったり来たりしながらそのスペースを埋めていたと思います。
そして7アレクシスが仕掛けの起点といっても
11エジルや17イウォビの様に
自ら良質な仕掛けが出来るタレントが揃っていますので
最初から最後まで自らが行う必要もなく
その両者にボールを預けながら
最終的にはトップの位置まで侵入して
フィニッシュの局面に顔を出す形は
機能していたと思います。

この7アレクシスと共に
この試合で目を引いたのは14ウォルコットでした。
これまでの14ウォルコットと言えば
消えている時間が非常に多い印象を受けますが
この試合の14ウォルコットは
かなりの頻度でボールに絡んでいたと思います。
この様にボールに絡む事が出来ていた一因は
14ウォルコットのプレーエリアにある様に感じます。
14ウォルコットのプレーエリアと言えば
サイドライン際と言うのが定番でしたが
この試合の14ウォルコットのプレーエリアは
ペナルティの枠のラインから外には殆ど出ませんでした。
特にチャンスに絡んでいる時は
必ずその枠のラインの中で絡んでいたと思います。
先ほども書きましたが7アレクシスが下がる分
14ウォルコットがトップに空いたスペースに
出たり入ったりする結果として
この辺りのポジショニングに落ち着いたのかもしれませんが
個人的には14ウォルコットはサイドを主戦場にしていますが
取り分けクロスの精度が高い訳でもありませんので
サイドに張ってウイング的なプレーをさせるよりも
中に絞ってこのペナルティの枠のライン辺りでのプレーさせた方が
可能性を感じました。
特にペナルティの枠のライン辺りからならば
この試合で何度か見せた様な早いタイミングで中に折り返す様な
難易度の低いプレーでも決定機を作りやすくなった様に見えましたので
今後もこの辺りをプレーエリアとして活用していくのか
非常に注目しています。

そして最後は29ジャカが決めました。

後半ロスタイム、35エルネニーからパスを受けた29ジャカが
距離のある所から左脚を振り抜きゴール。

ロングレンジのパスをピンポイントで届ける事が出来る29ジャカのならば
このシュートは決してまぐれでもなんでもなく
この位の距離は十分に射程圏内なんだと思いますが
それにしても素晴らしいシュートだったと思います。
思いっきりボールを叩いていますが
大振りなフォームではなく
どちらかと言うと居合抜きの様な
切れ味鋭い振りだったと思います。
このロングシュートもそうですが
29ジャカはこれまでのスカッドにはない物を持っている
非常に面白い存在の選手だと思いますので
個人的にはもっと先発から使って欲しいと思います。

終わってみれば1−4の快勝で3連勝を挙げました。
これで次節のチェルシー戦に弾みを付けたと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

33チェフ

 PKを献上した場面は前に出ざる得なかっただけに仕方がなかったであろう。 一発退場にならなかった事は良かった。

24ベジェリン

 中に絞ってプレーしていた14ウォルコットと共にこの試合の右サイドは非常に効いていた。

20ムスタフィ

 少しづつ安定感は出て来ているが、前半見せた様な凡ミスは頂けない。 適応するのにもう少し時間が必要だろう。

6コシールニー

 安定していた。 

18モンレアル

 右サイドからの攻撃が活性化していた分、左サイドはおとなしかった。 

19カソルラ

 攻撃陣に良いリズムとテンポを与えていたが、イエローを貰ってからは守備の面で貢献できなくなっていたので早い段階で交代したのは良い判断だったと思う。

34コクラン

 前線に顔を出し攻撃陣に厚みを加えていた。 

14ウォルコット

 ワイドに開かずペナルティの枠のライン辺りまで中に絞ってプレーするスタイルは非常に機能していた。 今後もこのエリアでのプレーを極めて欲しい。

11エジル

 7アレクシスが「0トップ」的なプレーをし始めた為に上手くバランスを取ってプレーしていたと思うが、自由にプレーして初めてその能力が解放される11エジルに取って逆に窮屈にさせていないか心配だ。 

17イウォビ

 17イウォビのプレーは際立っていた。 ボールを持てばタイミングよく仕掛けるだけではなくタイミングを外して仕掛ける事も出来、フィニッシュの局面では冷静でかつ大胆にゴールを狙う。 攻撃面に於いては17イウォビがいるかどうかで大きな差が生まれるほどの存在感を見せはじめている。 一方で守備の面ではまだまだ修正するところが多い。 特に18モンレアルとのマーカーの受け渡しの決まり事が出来ていない為にピンチを招いた場面があった。 これから不動の存在になる為には守備の面での成長も期待したい。 因みに先制ゴールは17イウォビのゴールにしても良かった様に感じる。

7アレクシス

 「0トップ」的なプレーをする事で大分機能的になってきた。 この様なプレーが次節のチェルシーの様なレベルのチームを相手にしても機能するのかどうかが試される。

29ジャカ

 終了間際のロングシュートは素晴らしかった。 終盤35エルネニーが投入されてからは3センターのアンカーのポジションに入る。

35エルネニー
 
 終盤投入され4−3−3のインサイドハーフに入る。

9ペレス

 終盤投入される。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

終わってみれば1−4の快勝ではありましたが
この試合も零封で終わらす事が出来なかったのには
不満が残ります。

失点には繋がりませんでしたが
特に20ムスタフィが前半犯してしまった様な
凡ミスが続いている所は大いに不満に感じます。

20分、相手のクリアーボールに対して対応した20ムスタフィが
そのクリアーボールを後ろに後逸してしまい
エルナンデスに抜け出されてしまいました。
幸い残っていた6コシールニーが掛け続けたプレッシャーに
屈してしまったエルナンデスのシュートは
枠を捉える事が出来ずに事なきを得ましたが
20ムスタフィの対応は
目測を誤ったのか?
競り合っていたエルナンデスに後ろから突っつかれたのか?
どちらなのか分かりませんが
理由はどうあれ非常に危うい対応と言わざる得ないと思います。
目測を誤るのは言語道断ですが
仮にエルナンデスに後ろから突っつかれて
前に飛び出してしまったとしても
その辺りはボディーコンタクトに寛大なPLであれば
許容される範囲内のチャージとして
想定していなければならなかったと思います。
それ以外では大分安定感が出始めているとは思いますが
そういう意味では速く激しいPLのスタイルに対応するのは
もう少し時間が掛かる様に見えますので
そろそろ復帰してくる5ガブリエウや16ホールディングと共に
今一度フラットな観点から見直す必要があるのかもしれません。

次節のチェルシー戦は
守備陣のミスを許してくれるほど
甘い相手ではありませんので
この1週間で修正される事を期待したいと思います。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6コシールニー  PL:1G0A CL:0G0A
7アレクシス   PL:3G1A CL:1G0A
11エジル     PL:1G0A CL:0G0A
14ウォルコット  PL:2G1A CL:0G0A
15チェンバレン  PL:1G0A CL:0G0A
17イウォビ    PL:0G3A CL:0G0A
19カソルラ    PL:2G2A CL:0G0A
21チェンバース  PL:1G0A CL:0G0A
29ジャカ     PL:1G0A CL:0G0A
35エルネニー   PL:0G1A CL:0G0A

CL GS1:Paris Saint Germain vs ARSENAL [Arsenal マッチリポート]

Paris Saint Germain 1−1 ARSENAL
2016年9月13日(火)UEFA Champions League , Parc des Princes

Goal 
 (1)Cavani
 (77)7Alexis

Sent off
 (90)12Giroud
 (90)Verratti

13Ospina

24Bellerin 20Mustafi 6Koscielny 18Monreal

19Cazorla  34Coquelin

15Ox-Chamberlain 11Özil  17Iwobi   

7Alexis



(63)15Oxlade-Chamberlain>>>12Giroud
(71)34Coquelin>>>29Xhaka
(84)11Özil>>>35Elneny


Substitutes
 33Cech
 16Holding
 3Gibbs
 9Perez
 

Arsenal 1.jpgCLグループステージが開幕しました。
今シーズンは恒例のバルサやブンデス勢から
やっと解放されて
パリSG、バーゼル、ルドゴレツと同組の
グループAに入りました。

そして首位通過を争う事になると思われる
パリSGと相手のホームに乗り込んで
対戦する事になったこの初戦の結果は
今後のグループステージの動向に
非常に大きな意味をなす一戦になったと思います。

先発はGKには今シーズンも33チェフではなく
13オスピナを起用するサプライズがありましたが
DFラインはサウサンプトン戦同様に
20ムスタフィを加えたメンバーとなり
3列目も19カソルラ&34コクランのコンビを
起用してきました。
2列目は右に15チャンバレン、左に17イウォビを起用して
7アレクシスを再び1トップで起用してきました。
もう少し時間が必要そうな9ペレスは別として
未だに12ジルーを先発で起用してこない点は
少し気になります。
単純にコンディション的な問題なのか
何か他に問題があるのかはわかりませんが
7アレクシスの1トップでの起用が
これまで機能したとは言えない事を考えますと
この試合では12ジルーを先発で使って欲しかったと
個人的には思います。

試合はいきなり出鼻を挫かれてしまいました。

開始42秒、左サイドを駆け上がってきたオーリエからのクロスを
カバーニがヘッドで合わせて失点。
それにしても全てが軽い対応だったと思います。
試合開始早々でまだエンジンが掛かっていなかったとしても
集中力に欠いたプレーが招いた失点だったと言えると思います。

そもそも6コシールニーがディ・マリアに釣られて
ズルズルと前に出てしまったのは中途半端だったと思います。
ディ・マリアに出されたボールを
カット出来る様な距離感に付いている訳でもなく、
ただ何も出来ないまま結果的に自らの持ち場に穴を空けてしまい
最終的にゴール前で2対2の状況に陥らせてしまう
大きなミスを犯してしまったと思います。
そしてヴェッラッティから出されたパスで左サイドを侵入してきた
オーリエに対する18モンレアルの対応も軽かったと思います。
タイミングを誤ってしまったのかもしれませんが
オーリエのクロスに対して脚を出すことも出来なかったのは
ちょっと集中力に欠けていた様に見えます。
そしてゴール前もマークか甘かったと思います。
カバーニとマテュイディに対して20ムスタフィと24ベジェリンの
2対2の状況だった事を考えますとここはマンマークの様に
もっとタイトに守るべきだったのではないかと私も思います。

結局この後もDFラインだけに留まらずチーム全体として
相手の攻撃に対して予測と反応が非常に悪い為に
後手に回る場面が多く何度もピンチが訪れてしまいました。

34分過ぎ、ヴェッラッティからカバーニへ出されたスルーパスを
18モンレアルがスライディングでカットしましたが
これによりカバーニを追走していた6コシールニーも逆を突かれてしまい
このこぼれ球をカバーニに拾われてしまいました。
そしてそのまま前に出てきた13オスピナもかわしたカバーニは
無人のゴールに蹴り込むだけの状況でしたが
枠を捉える事ができずに救われました。

ヴェッラッティのスルーパスを読んだ
18モンレアルのチャレンジは良かったと思いますが
そのこぼれ球をカバーニに拾われてしまったのは
不運だったと思います。
しかしそのヴェッラッティがスルーパスを出すまでの間の
パス回しに対してアーセナルの選手は殆ど見ている事しか出来ず、
そしてそのヴェッラッティに対しても
34コクランが捕まえられるチャンスがあったにもかかわらず
捕まえきれずに自由にさせてしまった所に
そもそもの問題がある様に感じます。

41分過ぎ、右サイドから中に入ってきたカバーニの
DFラインの裏に抜ける動きに合わせて
ディ・マリアから柔らかいタッチのピンポイントパスが送られました。
このパスで完全に抜け出して
13オスピナと1対1になったカバーニが
事もあろうか胸トラップをミスしてくれたお陰で
シュートを撃つ事が出来ずにまた救われましたが
まさに絶体絶命のピンチだったと思います。

勿論、死角から一瞬でテンポアップして
オフサイドにならない絶妙なタイミングで飛び出してくる
カバーニの動きが素晴らしいのは事実ですが
一方でこの場面でも走り込んできたカバーニに対して
誰も反応出来なかったのは問題だと思います。
相手の選手の立ち位置の確認を怠ったのか
それとも声掛けの様な単純な連携ミスなのか
とにかく非常に緩い状況は一向に改善されないまま
前半は終わりました。

67分過ぎ、左サイドでオーリエとディ・マリアとのパス交換から
ディ・マリアのスルーパスでDFラインの裏に抜け出した
オーリエが13オスピナと1対1になりました。
幸い13オスピナの素早い出足のブロックで
シュートは撃たせませんでしたが
あまりにも簡単に崩され過ぎだと思います。

この場面でも少なくとも2つのミスがあったと思います。
本来ならばディ・マリアに縦パスが最初に入った時点で
6コシールニー、18モンレアル、19カソルラの3人が
ディ・マリアを囲んでいましたので
この時点で抑えるべきだったと思いますが
この3人は何も出来ずにあっさりとかわされてしまったのは
信じられない様な軽い対応だったと思います。
そしてそこで釣り出された6コシールニーが
18モンレアルとポジションが入れ替わったので
本来ならばそのままオーリエにマークに
付かなければならなかったにも関わらず
DFラインの裏に侵入しようと動き出していたオーリエを
そのまま見送ってしまたのは重大なミスだと思われます。

サウサンプトン戦での怪我影響なのか
ユーロ後のコンディションの問題なのか
この試合の6コシールニーは集中力に欠けた様な場面が
何度かあったと思います。

68分過ぎ、ドリブルで侵入してきたラビオを
20ムスタフィがブロックしましたが
そのこぼれ球をカバーニに拾われてしまい
13オスピナと1対1になってしまいました。
この場面でも鋭い出足で距離を詰めた
13オスピナがカバーニのシュートをブロックして
ゴールを守りきりましたがこの場面も正直緩すぎます。

ラビオをブロックした時のこぼれ球が
ブロックした20ムスタフィの頭に当たり
さらにブロックされて倒れたラビオが
たまたま6コシールニーの動きを遮る形になってしまうと言う
不運が続きましたので
最終的に1対1の状況が作られてしまったのは
仕方がなかった部分もありますが
そもそもラビオのドリブル突破を
34コクランと19カソルラがあっさりと許してしまったのは頂けません。
前半終了間際のカバーニにスルーパスを送った
ヴェッラッティの場面でもそうでしたが
特に34コクランは捕まえる事が出来る状況になっていたにも関わらず
捕まえきれずに簡単にかわされてしまったのは頂けません。
前半の早い時間にイエローを貰ってしまった為に
激しいチャージをかける事が出来なかったとも言えますが
そもそも簡単にイエローを貰ってしまった事自体が軽率であり
結果的に中盤の底のフィルターとしての役割を
全うする事が出来ていなかったと思います。

79分過ぎ、パストーレからのスルーパスで抜け出し
13オスピナと1対1になったカバーニが
13オスピナをかわそうとした所で
13オスピナがボールをかき出して再びゴールを死守しました。

この場面でもカバーニと並走していた6コシールニーが
簡単にかわされてしまった事を考えますと
この試合の6コシールニーはベストな状態からは程遠く
やはりコンディション的に問題があった様に感じてしまいます。

度重なり訪れた決定機をことごとく活かせなかったカバーニと
スーパープレーを連発した13オスピナの活躍により
ラッキーにも追加点を奪われなかったアーセナルに
同点のチャンスが訪れました。

77分、19カソルラからの縦パスを受けた7アレクシスが
スペースのない所を強引にドルブルで切り込んでいきました。
クリホビアクに一度は潰されてしまいましたが
そのこぼれ球を拾った12ジルーから
11エジル〜7アレクシス〜11エジルと繋ぎ
その11エジルからわずかに出来たパスコースを
射抜く様に17イウォビに鋭いクロスが入れられ
それを1トラップしてシュートを放ちました。
そのシュートはアレオラのファインセーブで防がれてしまいましたが
そのこぼれ球に対して7アレクシスが右脚を振り抜き同点ゴール!!

スペースのない所を細かく繋いだ
アーセナルらしい仕掛けでやっとゴールを奪う事に成功しました。

その後も追加点のチャンスはありました。

82分、7アレクシスと19カソルラがボールを奪い返した所から
カウンターが発動されました。
パスを受けた11エジルから7アレクシスへ繋いで
ドリブルでモッタをかわした所で
7アレクシスの背後から追い抜いてきた
17イウォビにラストパスが送られ
ファーサイドを狙ってコントロールショットを放ちましたが
アレオラの好セーブに阻まれてしまいました。

終盤になってやっと決定機を作れる様になりましたが
この試合も前半は殆ど良い形を作る事が出来なかったと思います。

サウサンプトン戦と違って
この試合では19カソルラが組み立ての起点となっていましたので
多少前にボールを運ぶ事は出来ていたと思いますが
アタッキングサードに近くなると
イメージの共有化が出来ていない様な
コンビネーションのズレや
雑なプレーが目立ってしまい
ゴールに迫る事ができていなかったと思います。

開幕からの状況から考えられる事は幾つかあると思います。
将来的には20ムスタフィが
組み立ての起点となるオプションも有効だと考えられますが
現状としては連携面が築かれている
19カソルラが起点となった方が
速やかな組み立てが得られると思われます。

一方で2列目より前の組み合わせを考えますと
やはり7アレクシスをトップに置く形は
緊急時以外は好ましくない様に感じます。
以前も書いたかもしれませんが
7アレクシスが脅威を与えられる形は
ボールを持っていても持っていなくても
ダイナミックな動きの中でボールに絡んだ時だと思います。
しかしトップに入るとそのダイナミックさを出すスペースが
かえって失われてしまう為に自らの能力を発揮出来ない様に見えます。
この事は少なからず11エジルのプレーにも影響していると思われ
動きのあるサイドに入った時の7アレクシスとは
プレーのイメージを共有しながら
この二人だけで相手の守備陣を攻略してしまう事が出来る程の
抜群のコンビネーションを見せますが
一方でトップに入った時の7アレクシスとは
動きが少ない為に同様なコンビネーションを見せる事が
あまり出来ていない様に見えます。
トップに入った7アレクシスも
頻繁にサイドに流れたり下がったりする事で
なんとか状況を打開しようと試みている様に見えますが
そうなるとトップの位置に空洞が出来てしまい
チームとしてフィニッシュの局面を
成立させる人がいなくなってしまう問題に直面します。
結局後半途中から12ジルーが入り
トップからサイドに移ってからの7アレクシスの方が
存在感が際立っていた事を考えても
サイドに固定するべきだと考えます。

一方のトップには現状としては
12ジルーを先発に復帰させるべきだと思います。
ここまでの試合では先発で起用されていないのは
コンディションの問題と言われており
実際この試合でも決定的な仕事は見せられていません。
しかし12ジルーがトップに入れば
相手DFとせめぎ合う事が出来るので
少なくともCBの一人は無力化する事が出来ますし
ペナルティ内で献身的に動く事で
他のアタッカーが侵入出来する為の
スペースメイクをする事も期待できます。
現実的に同点ゴールの場面では
チアゴ・シウバを12ジルーが抑えた事で
17イウォビのシュートコースを作っていましたし
ゴールになりませんでしたが終盤の17イウォビのシュートの場面でも
12ジルーがファーサイドで待っていたから
パリSGのDFラインが最初は全体的にファー寄りになり
その結果として7アレクシスの背後を回ってきた17イウォビが
ニアに走り込むスペースを作っていたとも言えます。
多少コンディション的にフィットしていない為に
12ジルー自身が決定的な仕事は出来ないかもしれませんが
チームを機能させる為には今は12ジルーが必要に感じます。

そしてもう一方のサイドは17イウォビだと思います。
開幕戦の怪我で離脱している間は
14ウォルコットと15チェンバレンを起用していましたが
残念ながら機能していたとは言えません。
シーズン通してトップレベルの試合をこなした事がない分、
開幕戦で負傷した様に
怪我に対するセルフコントロールに不安がありますが
現状として11エジルや7アレクシスと
プレーイメージを共有出来る17イウォビの方が
機能しているのは明らかだと思います。

手持ちの駒が揃いボスにしては珍しく
ローテーションをする様になった今シーズンだっただけに
ポジションを固定する事は
その意志に反する様にも感じますが
とりあえずチームを機能させる為には
トップに12ジルー、
2列目に7アレクシス、11エジル、17イウォビに固定して
数試合見てみたい様に感じます。

CLグループステージ第1戦
首位通過を争うであろうパリSGとの1戦は
ことごとくチャンスを潰してくれたカバーニと
スーパープレーを連発した13オスピナの活躍で
貴重な勝ち点1を持って帰る事に成功しましたが
普通ならば4〜5点取られてもおかしくない流れだっただけに
これからしっかりと修正する必要があると思われます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

13オスピナ

 スーパープレーでチームを救う。 試合後ボスもコメントしていた様にワールドクラスの働きを見せた。 好調な33チェフからポジションを奪うつもりでこれからもアピールして欲しい。

24ベジェリン

 大きなインパクトを見せられず。 本来はインサイドハーフのマチュイディをあえてサイドで起用したエメリの采配に消されてしまったか。

20ムスタフィ

 連携面の問題だけで片付けて良いのかどうか迷う所だが、とにかく今のDFラインはバラバラだ。

6コシールニー

 良くなかった。 カバーニの一瞬のスピードと動き出すタイミングが素晴らしかったとは言え、明らかに後手に回る場面が多かった。 コンディション的な問題なのか、それともサウサンプトン戦の怪我の影響があるのかわからないがベストの状態からはほど遠かった。

18モンレアル

 先制点を奪われた場面ではオーリエに簡単に上げさせすぎだろう。 全体的に軽い印象を受ける。

19カソルラ

 組み立ての起点として振る舞う。 前半は良い形が作れなかったが後半はなんとか息を吹き返す。

34コクラン

 早い時間帯にカードをもらった影響なのか、その後の対応は軽くなってしまった。 止めなければならない状況で止められず、少なくとも二つの決定機を作らせてしまった。

15チェンバレン

 周囲と噛み合わず。 プレーの確度も低い為に度々流れを切ってしまう。 ボスの期待に応えられていない。

11エジル

 多くのチャンスは作れなかったが、幾つか惜しい場面は作れていた。 同点ゴールに繋がる17イウォビへのパスは流石。

17イウォビ

 11エジルからの厳しいクロスを正確に足下に収めて放ったシュートが結果的に同点ゴールを呼び込む。 終盤の決定機を決めていたらヒーローになっていただけに残念。 しかしゴールは奪えなかったとは言え17イウォビのプレーからは可能性を感じる。 11エジルや7アレクシスとプレーイメージを共有できるだけにサイドのもう一枠は17イウォビを中心にするべきか。

7アレクシス

 トップでは中々機能出来ず。 サイドや下がってプレーする事で存在感を出そうとするもトップの位置に空洞化を起こしてしまう。 12ジルーが入ってサイドに戻ってからは非常に大きな存在感を見せた。 貴重な同点ゴールを奪いチームを救う。

12ジルー

 決定的な仕事は出来なかったが結果的にはチームを活性化させた。 一方で不要なカードを貰ってイエロー2枚で退場処分を受ける。 

29ジャカ
 
 34コクランに代わって投入されるがインパクトは残せず。

35エルネニー

 アグレッシブに広範囲をカバーしてクローザーとしての役目をしっかりと務める。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

CLグループステージの首位通過を争うパリSGとのアウェイ戦を
引き分けで乗り切った事自体は
価値ある勝ち点1だと思います。

しかし試合内容を考えますと
負けなかった事がラッキーだっただけではなく
大敗してもおかしくない程醜い内容だったと思います。

特に守備組織に関しては非常に不安定であり
早急に手を打つ必要があると思われます。

この不安定さが新加入の20ムスタフィが入った事での
連携面での不安定さもあると思いますが
個人的には3列目とDFラインとの間が間延びしている様に見える
この距離感の悪さが非常に気になります。

もしかしたらその一因は34コクランにあるのかもしれません。
今シーズンの34コクランは自ボールになった時には
積極的にボールに絡む為に前に出る様になりました。
それ自体は全てが悪い事ではないと思いますが
元々34コクランが守備者として力を発揮するのは
相手を潰すプレーやパスをカットする時の様な
鋭い出足で前に出るプレーだと思います。
そう考えますと中盤の底の低い位置をプレーの起点とした方が
守備の面での力は発揮しやすい様に感じます。
一方でボールに絡む為に度々高い位置にまで出て行くと言う事は
プレーの起点も自ずと高くなる事が考えられ
そうすると守備の局面に回った時に
前に出て対応すると言うよりも
並走したり後ろから追いかける場面が増えてしまい
単純にそれだけでも中盤の底のフィルターとしての強度が
落ちてしまう可能性があると思います。
一方で34コクランが中盤の底のエリアから出なくなると
攻撃面での貢献が殆どなくなってしまうのも事実であり
チームとしてその辺りの攻守のバランスをどの様に取っていくのか、
34コクランのプレーエリアの問題と共に
もう一度再考する必要がある様に感じます。

どちらにせよ、現状の守備組織では
CLは勿論、PLの中堅クラブを相手にしても
非常に危うい状況だと思います。

もう少しフィットするまで20ムスタフィではなく
16ホールディングに戻してみるのも一考だと思いますし
34コクランに代えて中盤の底に張り付いていても攻撃に貢献できる
29ジャカを起用してみても良い様に感じます。

いつもの様に時間が経てば安定感は取り戻されると思われますが
今シーズンはもう少し攻めた対応を見せてくれる事を期待したいと思います。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6コシールニー  PL:1G0A CL:0G0A
7アレクシス   PL:1G1A CL:1G0A
11エジル     PL:1G0A CL:0G0A
14ウォルコット  PL:1G1A CL:0G0A
15チェンバレン  PL:1G0A CL:0G0A
17イウォビ    PL:0G1A CL:0G0A
19カソルラ    PL:2G2A CL:0G0A
21チェンバース  PL:1G0A CL:0G0A


PL4:ARSENAL vs Southampton [Arsenal マッチリポート]

ARSENAL 2−1 Southampton
2016年9月10日(土)Premier League , Emirates Stadium

Goal 
 (18)33Cech(og)
 (28)6Koscielny
 (90)19Cazorla(p.k.)


33Cech

24Bellerin 20Mustafi 6Koscielny 18Monreal

19Cazorla  34Coquelin

   14Walcott  11Özil 15Ox-Chamberlain

9Perez



(62)9Perez>>>12Giroud
(62)15Oxlade-Chamberlain>>>7Alexis
(75)14Walcott>>>17Iwobi


Substitutes
 13Ospina
 16Holding
 29Xhaka
 35Elneny
 


Arsenal 1.jpg最近非常に相性が悪い
サウサンプトンをホームに迎えたこの一戦は
予想通り苦しい展開になってしまいましたが
なんとか勝ち点3を奪う事に成功しました。

まずこの試合の注目は新戦力の
20ムスタフィと9ペレスを
起用してくるかどうかでしたが
20ムスタフィはまだしも
9ペレスも先発で起用してきたのは驚きました。
それ以外は3列目は
19カソルラと34コクランのコンビが起用され
2列目は右には14ウォルコット、
左にはチェンバレン、そしてトップ下には11エジルが起用されましたが
南米から戻ったばかりの7アレクシスは
ベンチスタートとなり
同様に12ジルーもベンチスタートになりました。

全体的な試合展開はここ最近の相性が悪い流れを反映した様な
本来のアーセナルが見せるテンポの良い試合を
見せる事が出来ていませんでした。

後半になり時間が進んで大分オープンな展開になってからは
アーセナルらしいテンポの良い展開の試合が出来たと思いますが
特に前半はある程度ボールを持てていても
テンポ良くボールを繋いで仕掛ける様な場面は少なく
ただサウサンプトンの守備網の周りを右往左往するだけで
中々その中に入る事が出来ませんでした。

この原因は幾つかあると思います。
スペースを消す様に2ラインをタイトに敷いた
サウサンプトンの守備のブロックが非常に規律的だった事も
崩せなかった一因だったと思いますが
最も問題だったのは効果的な縦パスを
入れられなかった所だと思います。

誰がどの様な動きで縦パスを引き出すのか、
誰がどのタイミングで縦パスを入れるのか、
縦パスを入れる為のこの二つのポイントが
全く噛み合っていないと言う印象でした。
そして前線の選手が効果的に引き出す動きが
少なかったのあると思いますが
この試合で気になったのはパスを出す側の方の問題です。

本来は19カソルラが縦パスを入れる役目を
担うべきだったと思いますが
この試合の多くの場面で縦パスを入れる役目を担っていたのは
新加入の20ムスタフィでした。

確かに20ムスタフィは脚元の技術は安定しており
攻撃に参加する事を好むCBですので
将来的には20ムスタフィが組み立ての起点になる事は
アーセナルにとって一つのオプションになると思いますが
しかしこの試合の0ムスタフィは
アーセナルに合流してからまだ数日しか経っていない為に
各々の選手の動きの特徴などが全く理解出来ていないはずであり
その様な状況でタイトなブロックを敷いて待ち構えている
サウサンプトンの守備のブロックの隙を通して
縦パスを入れるなど無理な話だと思います。

サウサンプトンの守備陣が前を向かせないように
19カソルラの動きを上手くコントロールしていたと思いますが
状況的に20ムスタフィが攻撃の組み立ての起点をせざる得ない状況が
一向に修正出来なかったのは非常に良くなかったと思います。

時々11エジルが下がってきた様に
19カソルラもDFラインの所まで下がってでも
ボールを引き取って組み立ての起点の役目を
全うするべきだった様に感じます。

それと共に前線の選手もスペースのない所で
パスを引き出そうとする動きが少なかった様にも感じますが
トップに入ったのが新加入の9ペレスだった事も
少なからず影響したと思います。
当然現時点ではパスの出し手との連携は
全く築かれていないのは言うまでもありませんが
リーガと違って圧倒的にテンポが早く
そしてフィジカルコンタクトの面でも激しい
PLのスタイルに戸惑いを見せても仕方がないと思います。
後半途中から7アレクシスや17イウォビが投入されてからは
パスを引き出し、そこからリスクを負って
サウサンプトンの守備のブロックに切り込んでいって
ギャップを生み出せる様になったと思いますので
状況は変わり始めましたが
特に前半はボールを持っていても
殆ど攻撃の形は作れていなかったと思います。

個人的にはこの様にタイトな守備ブロックを築いた相手に対して
29ジャカがどの様なプレーを見せてくれるか見てみたかったと思います。
レスター戦の様にリスクを恐れて前を向けないのか?
それとも狭いコースしかなくてもリスクを冒してでも
積極的に縦パスを通せるのか?
そしてDFラインの裏の僅かなスペースしかなくても
ピンポイントのパスを送ってタイトな守備のブロックを間延びさせられるのか?
この試合の状況からして今後は他のクラブも
同し様な守備のブロックを築いてくると思われます。
その状況を打開する為に対策を練らなければなりませんが
その答えが29ジャカにあるのかどうか見てみたかったと思います。

結局ボールを持っても効果的な攻撃が組み立てられないアーセナルに対して
サウサンプトンの方がしっかりとパスを繋いで
攻撃が組み立てられていた様に見えましたので
全体的な流れはサウサンプトンが握っていたと言えるかもしれません。

その様な流れの中、不運な形で失点してしまいました。

18分、ペナルティのすぐ手前からの放った
タディッチのFKに対して
33チェフは指先で弾きましたが
その弾いたボールがバーに当たり
その跳ね返ったボールが33チェフに当たってゴールイン。

先制点を奪われてしまった事で
自陣で強固な守備のブロックを築いていたサウサンプトンは
さらに守備に集中する様になったのは言うまでもなく
この強固なブロックに前半は苦しめられ続けたと思います。

その様な中で6コシールニーのスーパーゴールで
同点に追い付いたのは良かったです。

28分、19カソルラからの左CKを
走り込んできた34コクランが競り
そのこぼれ球をもう一度9ペレスが競ったこぼれ球を
6コシールニーが豪快なオーバーヘッドでたたき込み同点!!

悪い流れの中で前半の内に同点に追い付けたのは良かったです。

その後も散発的に何度かチャンスはありました。

35分過ぎ、19カソルラからの縦パスを受けた14ウォルコットが
反転する時にマーカーをかわして前を向き
右サイドを駆け上がってきた24ベジェリンへパスを送り
そこからクロスが入れられました。
そのクロスはファーサイドの11エジルまで流れていき
シュートを放ちましたが相手のDFにブロックされてしまいゴールならず。

この場面の様に縦パスを引き出そうとする14ウォルコットの動きに対して
19カソルラがタイミング良く縦パスを入れる事が出来れば
強固なサウサンプトンのブロックに対しても
綻びを作る事が出来る事が証明された場面だったと思います。

後半はサウサンプトンが再び前に出始めた事もあり
スペースが生まれ始めましたので
テンポ良く仕掛けられる様になったと思います。

67分過ぎ、素早い出足でボールを奪い返した34コクランから
左サイドのタッチライン際で11エジルに送られ
その11エジルから7アレクシスへラストパスが通り
強烈なシュートを放ちました。
残念ながらそのシュートは枠を捉えられませんでしたが
高い位置でボールを奪い返してから手数を掛けずに
息の合ったコンビネーションで
いとも簡単にサウサンプトンのブロックをこじ開けてしまった
非常にアーセナルらしい仕掛けだったと思います。

75分過ぎ、相手のパスミスを奪った7アレクシスから
ラストパスが送られました。
中央走り込んできた11エジルがスルーしたそのパスを
ファーサイドに走り込んできた19カソルラが
フリーでシュートを放ちましたが
相手のDFにブロックされてしまいました。
さらにそのこぼれ球は12ジルーに元にこぼれてきましたが
その12ジルーが脚を滑らしてしまい
相手のミスからの決定的な場面でしたが
ゴールに結びつけられませんでした。

78分過ぎ、11エジルから右サイドへのロングパスを受けた17イウォビが
DFラインの前を横切りながら
左から上がってきた18モンレアルへパスが送られ
それをダイレクトで左脚を振り抜きましたが
DFにブロックされ枠を捉えられず。

84分過ぎ、11エジル〜7アレクシス〜11エジル〜19カソルラと
テンポ良く繋がり最後は左サイドから19カソルラが入れたクロスに対して
ニアサイドに走り込んできた12ジルーが
ダイビングヘッドで狙いましたが
僅かに枠を捉えられませんでした。

後半はアーセナルらしい仕掛けで何度かゴールに迫る事が出来ましたが
最後の所で決めきれずにロスタイムに入った所で
最後のチャンスが訪れました。

90分過ぎ、CKからのこぼれ球を持ち出した19カソルラが
左サイドから中に鋭いクロスを入れました。
そのクロスをゴール前で競り合った6コシールニーが
相手のDFに顔面を蹴られて倒れてしまいましたが
そのままプレーを切らずに
20ムスタフィのパスに対して
ゴール前で競り合った12ジルーがフォンテに倒されてPK獲得!!

そのPKを19カソルラがゴール真ん中に蹴り込み逆転ゴール!!

顔面を蹴られて倒れていた6コシールニーには
申し訳ないかもしれませんが
最後の最後まで勝利を求めてプレーをし続けた結果の
勝ち点3に繋がるPK獲得だったと思いますので
この勝利に拘った姿勢は評価したいと思います。

この試合先発した20ムスタフィと9ペレスに関しては
正直まだまだと言う印象を受けます。
勿論、合流して数日しか経っていない状況での起用ですので
まだまだと言うのは当然だと思いますが、、、。

20ムスタフィは気負いすぎていたのか、
それともこの位の感じが普通なのかは
判断が付け難いのですが
積極的に前に出てチャレンジするのは良いのですが
タイミング的にかわされてしまう場面や
高さやフィジカル的な強さの問題で
単純に競り負けてしまう場面が多く
ちょっと無理なチャレンジが多かった様に感じます。

チャレンジに失敗しても6コシールニーとの連携が築かれていれば
問題なくカバーされる様になるのかもしれませんが
この試合ではチャレンジに失敗した事でDFラインは崩れてしまい
結果としてサウサンプトンに付け入る隙を
作ってしまっていたと思います。

勿論、相手のアタッカーのスピードやクイックネス、
フィジカル的な強度や癖等のデーターが
殆どない状態で出場した可能性がありますので
仕方がないと言えば仕方がないのかもしれませんが
見ていると丁度6コシールニーの入団当初の状況に
似ている様に感じます。
これから6コシールニーとの連携が築かれ
相手のアタッカーに慣れる事も必要ですが
6コシールニーが安定した時の様に
フィジカル的にPLバージョンに
アップデートする必要があるかもしれません。
一方でこの試合では上手くいっていませんでしたが
組み立ての起点として積極的に参加する姿勢を見せた所は
好感が持てました。
使える状況になる為には
前線の選手との連携面を上げていかなければなりませんが
新たなオプションになる可能性を感じます。

一方の9ペレスは殆ど見せ場は作れなかったと思います。
サウサンプトンがしっかりと守備のブロックを築いていた
試合展開だっただけに
連携が築けていない9ペレスにとっては
非常にやり難い状況だったと思います。
20ムスタフィはまだしも連携が築けていない状況の9ペレスを
いきなり先発で起用したのは
やはり無理があったのではないかと個人的には思います。
12ジルーのコンディションの問題と
ミッドウィークにパリSG戦が控えているだけに
12ジルーを温存したかったのかもしれませんが
9ペレスにとっては厳しい初戦になってしまったと思います。

指揮官は代わりましたが
今シーズンもサウサンプトンに苦戦を強いられてしまいました。
しかし苦しい展開の中で
美しい勝利ではありませんでしたが
勝ち点3を得る事が出来た事は
後々非常に大きな勝ち点になってくると思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

33チェフ

 苦しい展開の中、66分過ぎにDFラインを突破してきたロングや82分過ぎのホイビュルクのミドルからロングに詰められた場面など決定的なピンチを冷静な判断で防ぎきる。

24ベジェリン

 高い位置で積極的に攻撃参加して攻撃に厚みをもたらす。 

20ムスタフィ

 早速先発で起用されるが結果はまだまだという印象だった。 積極的に前でチャレンジするのも良いがもっと勝率を上げる必要があるだろう。 6コシールニーとの連携面と共に慣れるまでにもう少し時間が必要だろう。

6コシールニー

 自らの誕生日をスーパーゴールで祝う。 最後は顔面を蹴られるハプニングがあったが大事に至らずホッとした。 この試合は6コシールニーの試合だった印象。

18モンレアル

 先制点の切っ掛けとなるファールを犯す。 今シーズンは若干イメージ通りのプレーが出来ていない印象。

19カソルラ

 前半は前を向いてボールを捌く機会が少なかった為に攻撃陣にリズムとテンポをもたらせず。 後半に入り大分良くなったが、引いて守る相手に対してもう少し強気な姿勢を見せても良かったか?

34コクラン

 前半は非常にバランスが悪かった。 全体的にポジショニングが前に行き過ぎてしまい攻守において必要な場所にいなかった。 後半は味方や相手との距離感が良くなり鋭い出足でボールを狩り続ける。

14ウォルコット

 何度か良い場面もあったが全体的に消えている時間が長かった。

11エジル

 前半はボールが入らない為に自ら下がる場面が何度も見られた。 後半になりスペースが生まれる様になるとボールが入る様になり攻撃陣を活性化させた。

15チェンバレン

 ボールを持ってサイドから何度も仕掛けるが一本調子で意外性に乏しかった。 交代を命じられて不服なのかもしれないが、歩いて戻ってくるのは如何なものか? チームの誰もがこの試合で勝ち点を落とすことの意味を理解し、チーム一丸となって勝利を目指していた中で15チェンバレン一人だけこの試合で勝ち点を落とす意味を理解していなかったのか? それとも古巣サウサンプトンの為に時間稼ぎを遂行していたのだろうか? 残念だ。

9ペレス

 移籍後初先発するもインパクトは残せず。 守備のブロックを築きスペースを消された状態で起用されても連携面が確立していない9ペレスをにとっては気の毒な状況だっただろう。 次回は期待したい。

12ジルー

 チャンスを活かせなかったが、最後の最後でPKを獲得し帳消しとした。

7アレクシス
 
 7アレクシスが入って流れは大きく変わった。 11エジルとの絶妙なコンビネーションでチャンスを演出する。 次戦はゴールを見たい。

17イウォビ

 コンビネーションとドリブルを上手く使い分けてリズムを作り出す。 リスクを恐れない姿勢は好感が持てる。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それほど脅威には感じませんが
なぜか今シーズンも
サウサンプトンとの相性は最悪のままの様です。

しかし、この様な流れの試合で
勝ち点3を積み上げることは非常に重要であり
その1つの勝利が次の勝利に繋がっていくと思います。

新たに20ムスタフィと9ペレスを迎えましたが
フィットするのにはもう少し時間が必要だと思いますが
7アレクシスや12ジルーを休ませるだけの余裕が
スカッドに生まれたのは非常に好ましく思います。

今週からCLが始まり週2試合のペースが続きますので
これからも積極的なターンオーバーを行い
怪我に対するリスク管理を見せて欲しいと思います。

次戦はCLグループステージの初戦
パリSG戦です。

ここ数シーズン同じ様なクラブとの対戦に
飽き飽きしていた所ですので
パリSGとの対戦は新鮮です!!

それと共にグループAの覇権を争う上で
このアウェイの1戦は非常に重要な試合になります。
実際は負けなければ良い試合だと思いますが
チームに勢いをもたらす為には
「勝利」あるのみです!!

今シーズン初めて組むと思われる
ベストメンバーの力を期待したいと思います!!


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6コシールニー  PL:1G0A
7アレクシス   PL:1G1A
11エジル     PL:1G0A
14ウォルコット  PL:1G1A 
15チェンバレン  PL:1G0A 
17イウォビ    PL:0G1A 
19カソルラ    PL:2G2A 
21チェンバース  PL:1G0A 


2016/17のスカッド:最終版 [Arsenal F.C.]

2016/17シーズンのファーストチームのスカッド最終版です。

Arsenal 1.jpg


1 
2 マテュー・ドゥビュシー(31)
3 キーラン・ギブス(26)(HG)
4 ペア・メルテザッカー(31)
5 ガブリエウ(25)
6 ローラン・コシールニー(30)
7 アレクシス・サンチェス(27)
8 アーロン・ラムジー(25)(HG)
9 ルーカス・ペレス(27)
10 
11 メスト・エジル(27)
12 オリヴィエ・ジルー(29)
13 ダビド・オスピナ(28)
14 セオ・ウォルコット(27)(HG)
15 アレックス・オクスレイド=チェンバレン(23)(HG)
16 ロブ・ホールディング(20)(U-21)(HG)
17 アレックス・イウォビ(20)(U-21)(HG)
18 ナチョ・モンレアル(30)
19 サンティ・カソルラ(31)
20 シュコドラン・ムスタフィ(24)
21
22 ヤヤ・サノゴ(23)
23 ダニー・ウェルベック(25)(HG)
24 エクトル・ベジェリン(21)(U-21)(HG)
25 カール・ジェンキンソン(24)(HG)
26 エミリアーノ・マルティネス(24)(HG)
27 
28 
29 グラニト・ジャカ(23)
30 
31 ジェフ・レーヌ=アデレード(18)(U-21)
32 チューバ・アクポム(20)(U-21)(HG)
33 ペトル・チェフ(34)
34 フランシス・コクラン(25)(HG)
35 モハメド・エルネニー(24)


シーズンローン
1 ヴォイチェフ・シュチェスニー(26)(HG)
10 ジャック・ウィルシャー(24)(HG)
21 カルム・チェンバース(21)(U-21)(HG)
28 ジョエル・キャンベル(24)
   浅野 拓磨(21)


ファーストチームの内訳

ホームグロウン 8名
非ホームグロウン 16名
U-21 5名
ローン 5名


(9/5時点)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

GK
33 ペトル・チェフ(34)
13 ダビド・オスピナ(28)
26 エミリアーノ・マルティネス(24)


今シーズンもGKに関しては安泰だと思われます。
正GKの33チェフは今の所年齢的な衰えを感じさせずに
ワールドクラスの輝きを放ち続けていると思います。
唯一の不安は怪我のリスクの問題ですが
一時期は移籍が確実視されていた13オスピナが
第2GKとして残留してくれた事で
有事の際でもそのダメージは最小限に留める事が出来ると思います。
また昨シーズンの第3GKはリザーブの54メイシーが務めていましたが
今シーズンはローンから戻ってきた26マルティネスが入りましたので
昨シーズンよりは強固な陣容になったと言えると思います。
実際第3GKの26マルティネスは
今シーズンは殆ど出場機会が得られないかもしれませんが
33チェフの側でトレーニングし
その33チェフから多くの物を吸収する事が出来れば
近い将来正GK争いに加わる事が期待出来ると思います。


CB
6 ローラン・コシールニー(30)
20 シュコドラン・ムスタフィ(24)
4 ペア・メルテザッカー(31)
5 ガブリエウ(25)
16 ロブ・ホールディング(20)

右SB
24 エクトル・ベジェリン(21)
2 マテュー・ドゥビュシー(31)
25 カール・ジェンキンソン(24)

左SB
18 ナチョ・モンレアル(30)
3 キーラン・ギブス(26)


今シーズンのCBはプレシーズン中に
4メルテザッカーと5ガブリエウが
怪我で長期離脱するというアクシデントはありましたが
結果的に20ムスタフィをスカッドに加える事が出来た事と
先行投資の色合いが強かった16ホールディングが
PLの舞台でも十分に戦える事を証明した事で
戦力的にはアップしたと思います。
20ムスタフィのフィット状況にもよると思いますが
今シーズンは基本的に
6コシールニー&20ムスタフィのコンビを中心として
5ガブリエウと16ホールディングが
バックアップすると言う形になると思われます。
開幕から3戦連続先発で起用されている16ホールディングは
PL初挑戦にも関わらず予想を上回るスピードの成長を見せており
その成長曲線を鈍らせない為にも
今後も積極的に出場機会を与えて欲しいと個人的には思っていますが
一方の5ガブリエウはポジション争いの強力なライバルとなる
20ムスタフィが加入した事で
今シーズンは正念場になるかも知れません。
5ガブリエウが復帰する前に
20ムスタフィが早期にフィットして結果を残し
そして16ホールディングもバックアッパーとして
十分に計算出来るレベルにまで成長した場合には
ガブリエウは序列を下げる可能性も十分に考えられますので
これまで以上の奮起が必要だと思います。
4メルテザッカーに関してはシーズンの半分を欠場する予定と共に
近年年齢的な衰えが隠せなくなってきている事を考えますと
多くを望めないかもしれませんが
チームのキャプテンとして
まだまだ欠く事の出来ない人材だと思います。

右SBは今やPLを代表するSBに成長した
24ベジェリンをメインに
2ドゥビュシーと今後復帰予定の25ジェンキンソンが
バックアップする布陣になりました。
今年1月に左膝靭帯損傷を負った25ジェンキンソンに関しては
今年中に復帰予定とは言え
今シーズンはどの程度起用出来るかと言う不透明な部分がありますが
一方の2ドゥビュシーに関しては
本来は先発でも十分に起用出来るレベルの選手だと思いますので
不足感は全くありません。
唯一不安に感じる所は
多くの出場機会が得られないと思われる2ドゥビュシーが
その様な状況を受け入れる事が出来るかだと思いますが
序列がはっきりとしていなかった昨シーズンとは違い
今シーズンは24ベジェリンのバクアッパーと言う立ち位置が
最初からはっきりしている状況でチームに戻ってきましたので
この様な状況を受け入れていると思われます。

左SBも昨シーズン通りレギュラーの18モンレアルを
3ギブスがバックアップする形でシーズンが始まりましたが
開幕から3試合を見る限りでは
18モンレアルのパフォーマンスが
昨シーズン程の絶対的な安定感を見せていな様に見えましたので
今シーズンは3ギブスにも
ポジションを奪還するチャンスがあるのではないかと
個人的には期待しています。
どちらにせよこの二人がある程度の緊張感を持って
健全にポジション争いを送っている左SBは
今シーズンも安泰だと思われます。


CMF
29 グラニト・ジャカ(23)
19 サンティ・カソルラ(31)
34 フランシス・コクラン(25)
35 モハメド・エルネニー(24)
(8 アーロン・ラムジー(25))

アルテタとフラミニが契約満了で退団しましたが
昨冬には35エルネニーを、
そしてこの夏には29ジャカを加えた新たな布陣は
バランス的に良い布陣になった様に感じます。

中盤の底から前線にパスを供給する司令塔タイプの29ジャカ、
より攻撃的な振る舞いを本職とする19カソルラ、
中盤を広範囲カバーする運動量に優れる35エルネニー、
そして中盤の潰し屋である34コクラン。
この4人の組み合わせによって
色々な色合いを出す事が出来る様になりましたが
最もアーセナルらしいスタイルの中盤と言う事を考えますと
19カソルラ&29ジャカのコンビがメインになると思います。

このコンビを中心に相手の中盤に抑えたい選手がいる時や
ゲームを終わらせたい時には
一人を34コクランに代える事が有用だと思われますし
守備の局面でよりフィジカル的な部分が必要な試合では
34コクラン&35エルネニーのコンビを使っても面白いと思います。

さらに言えばこれまで何度も導入に失敗している
4−3−3に付いてもアンカーに29ジャカを置く事で
可能になるかもしれませんので
インサイドハーフこそが最適なポジションと思われる
8ラムジーのポジション問題も解決できるかもしれません。

そしてそれぞれの選手が他の選手の役割を
それなりにカバー出来る所も良い所だと思います。
昨シーズンは19カソルラが離脱してから
前線にボールを供給する
司令塔的な役目をこなせる選手がいなくなった為に
アーセナルの攻撃陣は低迷してしまいましたが
今シーズンのスカッドには19カソルラと29ジャカがいますので
どちらかが離脱したとしても大きな痛手にはならないと思います。
そして最悪この二人を同時に欠いたとしても
35エルネニーがある程度カバー出来る事は
昨シーズンの後半で証明されていますので不足感はありません。
一方の守備の局面に関しても34コクランが離脱しても
タイプは異なりますが豊富な運動量で中盤をカバー出来る
35エルネニーがいる事で中盤の強度はある程度保てると思われますし
荒っぽすぎるディフェンスを見せる所は気になりますが
アグレッシブな29ジャカも守備の局面ではしっかりとした仕事が出来ます。

個人的には19カソルラ&29ジャカのコンビが中心になると思いますが
今シーズンの布陣は誰か一人に依存しすぎない顔ぶれだと思いますので
バランスが良いスカッドだと思います。


サイドアタッカー
7 アレクシス・サンチェス(27)
8 アーロン・ラムジー(25)
14 セオ・ウォルコット(27)
17 アレックス・イウォビ(20)
15 アレックス・オクスレイド=チェンバレン(23)
31 ジェフ・レーヌ=アデレード(18)

トップ下
11 メスト・エジル(27)
(19 サンティ・カソルラ(31))


この夏に10ジャックと28キャンベルがローン移籍しましたので
サイドアタッカーのポジションは少しスリム化されたと思います。
そのサイドの1枠は基本的には7アレクシスで固定だと思われますが
残りの1枠をポジション争いは熾烈だと思います。

これまでの起用傾向を考えますと
8ラムジーをサイドで起用する形が最も有力だと思われますが
一方で昨シーズン終盤台頭してきた17イウォビも
ある程度の出場機会が得られると思います。

そこで問題になるのが
14ウォルコットと15チェンバレンの使い方だと思います。

14ウォルコットに関しては
大スランプに陥り何も出来なかった印象しかない昨シーズンに比べて
サイドに固定して起用されている今シーズンは
まだチームに貢献出来ていると思います。
14ウォルコットは制約が多く
残念な場面も確かに多いアタッカーだと思いますが
今シーズンのアーセナルは11エジルと共に
高精度のロングレンジのパスを出せる29ジャカも加わりましたので
一本のパスでゴールに迫る事が出来る所は捨てがたい魅力だと思います。
ジョーカーとして終盤に起用したり、
先発でガンガンラインの裏に走らせて
相手DFの疲労を誘ったりするなど
使い方を工夫すればまだまだ活かす使い方はあると思います。

一方の15チェンバレンに関しては色々な意味で難しい存在だと思います。
今シーズンは開幕戦で素晴らしいゴールを奪い
これまでと違う面を見せてくれましたが
一方で完全に消えてしまう時間帯や
守備の責務をサボる様な
集中力の欠けた様な場面が多い所は以前と変わっていません。
今シーズンの15チェンバレンはプレーにキレがあり
その才能を伸ばすチャンスが訪れている様に見えますので
本来ならば定期的な出場機会を与えて欲しいと思いますが
その一方で全体的に集中力と持続性が欠けて様な場面が改善しなければ
定期的な出場機会を得る事は難しい様にも感じます。
本当に今シーズンはブレイクするかどうかの
最後のチャンスと言う位の覚悟を持って
15チェンバレンには頑張って欲しいと思います。

トップ下の11エジルは不動だと思います。
仮に11エジルが離脱する様な事があった場合には
一つポジションを上げて19カソルラが入る事で
そのダメージは最小限に留める事が出来ると思いますし
16ラムジーをそのポジションで起用する事も出来ると思います。
しかし、トップ下の11エジルはアーセナルの最高のタレントであり
シーズン通してフル稼働出来るかどうかが
アーセナルの命運を握っていると言っても過言ではないと思いますので
長期離脱する様な怪我が11エジルの身に降りかからない事を
ただただ祈るのみです。


ストライカー
12 オリヴィエ・ジルー(29)
9 ルーカス・ペレス(27)
23 ダニー・ウェルベック(25)
32 チューバ・アクポム(20)
22 ヤヤ・サノゴ(23)


1トップの1番手はこれまで同様に12ジルーだと思われます。
ここ数シーズン、実質1人で1トップを担い
その間PLでシーズン15ゴール前後のゴールを奪ってきた実績は
評価するべきだと思います。
その一方で波があるのも事実であり
当たりがなくなった時には
そこから復活するのに非常に時間が掛かると言う問題もあります。
そして12ジルーをターゲットマンとして活用する
ここ数シーズンのスタイルは非常に成熟したと思いますが
その一方で限界も見えてきている様に感じます。
現実的に11エジルの芸術的なラストパスや
29ジャカのロングレンジのパスをこれまで以上に活かす為には
DFを背負ってプレーする12ジルーよりも
もっと動きのあるストライカーが必要ではないかと思う事もあります。

そういう意味では12ジルーとは全く異なるタイプの
9ペレスを獲得した事は非常に楽しみです。
これまでもリーガでそれなりに実績を挙げてきた
スペイン人ストライカーが
プレミアでは全く通用しなかったと言う
マイナス要素があるのも事実ですが
DFラインの裏で勝負できる9ペレスの方が
11エジルから芸術的なラストパスを引き出す事が出来るかもしれません。

「PL優勝する為にはシーズン20ゴール奪ってくれるストライカーが必要」と
予々言っていますが
その答えが今シーズンの12ジルーと9ペレスから
得られるかどうかは分かりません。
しかし基準点タイプの12ジルーとDFラインの裏で勝負する9ペレス、
異なるタイプの二人のストライカーを上手く使い分ける事で
まずここ数シーズンのゴール数の減少を
食い止めてくれる事を期待したいと思います。

昨シーズン後半に怪我を負い長期離脱中の23ウェルベックは
当初の予定よりも早く復帰出来そうだと言う話もありますが
今シーズンはそれ程多くの物は期待出来ないと思われます。

そして一転残留が決まった22サノゴも
プレシーズンから全く起用されていない事を考えても
戦力の中に入っているとは思えませんので
第3CFは32アクポムが務める事になると思われます。
しかし実際に12ジルーと9ペレスが
同時に離脱する様な事態が起きた場合には
今の所機能しているとは言えませんが
7アレクシスを1トップで起用するプランを
再び採用するかもしれませんので
32アクポムにはカップ戦等でしっかりと結果を残し
まずファーストチームの中の地位を
つかむ事が先決かもしれません。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨シーズンの主力選手は全て残留し、
その上で昨シーズン足りなかった
司令塔、CB、そしてストライカーの補強に成功した
今シーズンのスカッドは昨シーズンよりもバランスが良く
確実に戦力値を上げていると思います。

しかし、他のクラブも大きく戦力値を上げている現状を考えますと
このスカッドで十分とは言えないかもしれませんが
それでも昨シーズン空いていた様な明らかな穴は
今シーズンは埋められた様に感じます。

一方、アーセナルにとって避けては通れない問題は「怪我」です。
実際に今シーズンも怪我人が続出して
ベストメンバーを揃えられない時期が訪れる可能性は
十分にあると思います。
そういう意味で今シーズンのスカッドを見ますと
これまでよりはバックアッププランが
はっきりと分かるスカッドになっていると思いますので
大きな穴を空けずに済むかもしれませんが
それでも開幕前に4メルテザッカーと5ガブリエウを失い
開幕早々に8ラムジーと17イウォビを失った事を考えると
先行き不安ではあります。

それでも今シーズンのアーセナルの布陣の中でも
ベストメンバーが揃ってシーズン通して稼働する事が出来れば
PL制覇は十分に可能だと個人的には感じています。

今シーズンこそは悲願のPL制覇を成し遂げて
内外から沸き起こる多くの批判を見返して欲しいと思っています。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
IN

ボルシアMGから
 CMF グラニト・ジャカ(23歳)移籍金£3000万(推定)スイス代表

ダイヤモンド・フットボール・アカデミーから
 攻撃的MF ケレチ・ヌワカリ(18歳)移籍金£300万(推定)ナイジェリアU-17代表

サンフレッチェ広島から
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)移籍金£350(推定)日本代表

ボルトン•ワンダラーズから
 CB ロブ・ホールディング(20歳)移籍金£200万(推定)イングランドU-21

デポルティーボ・ラ・コルーニャから
 ストライカー ルーカス・ペレス(27歳)移籍金£1710万(推定)スペイン

バレンシアから
 CB シュコドラン・ムスタフィ(24歳)移籍金£3500万(推定)ドイツ代表


OUT

スパルタ・プラハへ
 攻撃的MF トマス・ロシツキ、(35歳)フリー 

引退(マンチェスター・シティのコーチへ就任)
 CMF ミケル・アルテタ(34歳)

クリスタル・パレスヘ
 DMF マチュー・フラミニ(32歳)フリー

オックスフォード・ユナイテッドへ
 攻撃的MF ダン・クローリー(18歳)シーズンローン

ニューカッスルヘ
 DMF アイザック・ハイデン(21歳)完全移籍:移籍金非公開

グラナダヘ
 攻撃的MF ジョン・トラル(21歳)シーズンローン

フルミネンセヘ
 サイドアタッカー ウェリントン・シウバ(23歳)完全移籍:移籍金非公開

ローマヘ
 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(26歳)シーズンローン(買取オプション付き?)

スポルティング・リスボンへ
 サイドアタッカー ジョエル・キャンベル(24歳)シーズンローン

シュトゥットガルトへ
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)シーズンローン

ミドルズブラへ
 CB、右SB カラム・チェンバース(21歳)シーズンローン

ボーンマスヘ
 攻撃的MF ジャック・ウイルシャー(24歳)シーズンローン

ヴェルダー・ブレーメンへ
 サイドアタッカー セルジュ・グナブリー(21歳)移籍金£800万


2016/17夏の移籍期間が閉幕して [移籍情報]

2016/17夏の移籍期間が閉幕して


Arsenal 1.jpg

IN

ボルシアMGから
 CMF グラニト・ジャカ(23歳)移籍金£3000万(推定)スイス代表

ダイヤモンド・フットボール・アカデミーから
 攻撃的MF ケレチ・ヌワカリ(18歳)移籍金£300万(推定)ナイジェリアU-17代表

サンフレッチェ広島から
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)移籍金£350(推定)日本代表

ボルトン•ワンダラーズから
 CB ロブ・ホールディング(20歳)移籍金£200万(推定)イングランドU-21

デポルティーボ・ラ・コルーニャから
 ストライカー ルーカス・ペレス(27歳)移籍金£1710万(推定)スペイン

バレンシアから
 CB シュコドラン・ムスタフィ(24歳)移籍金£3500万(推定)ドイツ代表


OUT

スパルタ・プラハへ
 攻撃的MF トマス・ロシツキ、(35歳)フリー 

引退(マンチェスター・シティのコーチへ就任)
 CMF ミケル・アルテタ(34歳)

未定
 DMF マチュー・フラミニ(32歳)フリー

オックスフォード・ユナイテッドへ
 攻撃的MF ダン・クローリー(18歳)シーズンローン

ニューカッスルヘ
 DMF アイザック・ハイデン(21歳)完全移籍:移籍金非公開

グラナダヘ
 攻撃的MF ジョン・トラル(21歳)シーズンローン

フルミネンセヘ
 サイドアタッカー ウェリントン・シウバ(23歳)完全移籍:移籍金非公開

ローマヘ
 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(26歳)シーズンローン(買取オプション付き?)

スポルティング・リスボンへ
 サイドアタッカー ジョエル・キャンベル(24歳)シーズンローン

シュトゥットガルトへ
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)シーズンローン

ミドルズブラへ
 CB、右SB カラム・チェンバース(21歳)シーズンローン

ボーンマスヘ
 攻撃的MF ジャック・ウイルシャー(24歳)シーズンローン

ヴェルダー・ブレーメンへ
 サイドアタッカー セルジュ・グナブリー(21歳)移籍金£800万


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨シーズンが閉幕し早々に29ジャカを獲得してからが
非常に時間がかかりましたが
結果的には満足のいく補強が出来た様に感じます。

この夏の移籍期間が開幕する前の段階で
2016/17シーズンに向けての
補強ポイントとして考えていたのは

1、シーズン20ゴールが期待できるストライカー
2、フィルターとして計算できる守備力を有し、
  司令塔としての振る舞いが出来るCMF
3、レギュラー候補の20代前半のCB

この3点でした。

結果的には早々に獲得した29ジャカに加え
最後の最後で獲得が決まった
9ペレスと20ムスタフィの3人は
この夏の補強ポイントに適した補強になったと思います。


1、シーズン20ゴールが期待できるストライカー

長い間持ち越されてきた宿題である
このストライカーの問題を解決出来るかどうかが
この夏の最大のポイントだったと思います。

移籍期間前半の話題は
ユベントスからレアル・マドリーへ買い戻される噂さがあったモラタと
昨シーズンレスターでブレイクしたヴァーディーだったと思います。

移籍市場が開幕してまず最初に名前が挙がったのがモラタでした。
ユベントスに移籍してから大きく成長したモラタを
レアルが資金獲得の為に€3000万(£2530万)と言われていた
買い戻しオプションを行使した後に
£3500万程度で他のクラブへ転売する計画があると言われ
その転売先の有力候補としてアーセナルの名前が挙がっていました。
しかし予定通りレアルは€3000万でモラタを買い戻しましたが
転売時の値段を£6000万に設定した事で話は進まなくなり
最終的にはジダン監督の意向で残留する事になりました。

そのモラタの噂が挙がっている中で
この夏に一番最初に獲得に近づいたのが
レスターのヴァーディーだったと思います。
レスターのラニエリ監督も認めた様に
アーセナルは£2000万と言われる契約解除金を出す事に同意し
ヴァーディー自身も当初は移籍に乗り気だった様です。
実際アーセナルはヴァーディー自身と会談を持った様であり
当時はそこでサインされると思われていましたが
この交渉が公になった事が影響したのか
ヴァーディーは急に尻込みしてしまい
この会談ではサインされる事なく
そのままイングランド代表の一員としてユーロに参戦し、
その後ヴァーディーはレスターとの契約延長にサインして
この話は終わりになりました。

その後、名前が挙がったのはイグアインでした。
当時イグアインがナポリから出たがっている
と言うのは周知の事実でしたが
問題は€9400万(£7930万)と言われる
バイアウト条項を行使しない限り移籍を認めない
ナポリ側の強硬な姿勢でした。
嘘か本当かそこでアーセナルは
€6000万(£5060万)+12ジルーと言う条件で
獲得の可能性を探った様ですが
ナポリ側が現金でしか認めない姿勢を崩さない為に
この話も進まず結果的にイグアインは
契約解除金を満額払ったユベントスに移籍しました。

その頃インテルのイカルディの獲得の噂も持ち上がりました。
インテルとの契約問題がこじれているイカルディを
£5000万で獲得に動いたと言う噂があり
代理人を務めるイカルディの妻も
交渉の為にロンドンに来たと言う噂もありました。
しかしこの一連のイカルディの動きは
契約更新が進まないインテルから
より良い条件の契約を引き出す為の
当て馬として使われただけで
その後イカルディはインテルへの残留を宣言した様に
最初から移籍する気があったかどうかも疑問に感じる案件でした。

この辺りからストライカーの補強の噂はトーンダウンしましたが
その中でリヨンのラカゼットには正式にオファーを出した様です。
話では本人もアーセナルへの移籍は乗り気であり
£3000万でオファーを出したとも言われていますが
リヨンは£4500万と言われる要求額を下げる事なく
この話も途中で行き止まってしまいました。

結局ストライカーの補強は遅々として進まないまま
移籍期間が終わろうとしていた8月下旬に
突如として名前が挙がり
その後トントン拍子で獲得に漕ぎ着けたのが
デポルティーボ・ラ・コルーニャの9ペレスでした。

昨シーズンは17ゴール10アシストを挙げましたが
リーガで活躍したのは実質昨シーズンだけでしたので
この活躍が本物かどうかと言う問題はありましたが
移籍金が高騰している昨今で
£1710万と言われる契約解除金は
ボスがこだわる適正価格だと思いますので
コストパフォーマンス的に良い取引だったと思います。

結局、真のワールドクラスと言われるストライカーの中で
唯一市場に出たイグアインはユベントスに持って行かれ
ワールドクラス予備軍である
モラタやヴァーディーやイカルディに関しても
進んでアーセナルへの移籍を志願するような者は現れずに
交渉は不調に終わってしまいました。
アーセナルへの移籍に乗り気だったと言われたラカゼットに関しても
£4500万と言われる移籍金は
コストパフォーマンスを考えても明らかに高額であり
同時にCBの獲得も必要だったアーセナルにとっては
予算的に出せる金額ではなかった様に感じます。

そういう意味ではリーガでは実質昨シーズンの実績しかなく
PLやアーセナルのスタイルに適応出来るかどうか疑問が残るとは言え
リーガで17ゴール奪った9ペレスを
£1710万で獲得できた事はラッキーだったかもしれません。
ワールドワイドではまだ無名に近い選手ですが
ストライカーとしてやっと開花した
遅咲きの選手という事を考えますと
これから大化けする可能性もあると思いますので
いかにもアーセナルらしいチョイスの選手と言えるかもしれません。

とは言え今回の9ペレスの獲得が長年続いていた
シーズン20ゴール奪えるストライカー問題の
答えになるのかどうかは分かりません。
しかし長く厳しいPLのシーズンを戦う上では
必要な選手を獲得出来たと言えると思います。


2、フィルターとして計算できる守備力を有し、
  司令塔的な振る舞いもできるCMF

この件に付いては100点満点の補強が出来たと思います。

昨シーズンは怪我で19カソルラが離脱してから
DFラインから前線へ的確にボールを供給する
司令塔的な役割をこなせる選手が不在となり
アーセナルの攻撃陣は完全に機能不全に陥りました。

その反省を踏まえてか司令塔的な振る舞いが出来るCMFで
なおかつ、アーセナルの豊富な攻撃的なタレントを活かす為に
守備的な仕事もこなせる様なCMFの獲得が必要だと思っていましたが
そう言う意味ではこのニーズに完全に合致する29ジャカを
獲得出来たのは非常に良い補強だったと思います。


3、レギュラー候補の20代前半のCB

もしかしたらCBに関してはボルトンから獲得した
16ホールディングだけの予定だったのかもしれません。
元々アーセナルは異常な程にDFの補強には消極的ですので
将来性を見込んだ16ホールディングを獲得した事で
頭数が揃ったCBの補強は
もうこれ以上ないだろうと半分諦めていました。

しかしプレシーズンの期間で
4メルテザッカーと5ガブリエウを立て続けて失なった事で
CBを補強せざる得なくなったのは
個人的には願ったり叶ったりの状況でした。

CBの補強に動く事が決まってからは
途中にエヴァンス等の名前も挙がったりしましたが
基本的にターゲットは一貫して20ムスタフィだった様に感じます。

24歳の20ムスタフィは年齢的にも実力的にも
個人的な希望に完全に合致するタレントだと思いますので
結果的には非常に良い補強になったと思います。

強いて不満を述べるならば
獲得までの経緯の不手際は反省すべきだと思います。
獲得後のインタビューで「決まるまで長かった」と
20ムスタフィがコメントしていましたので
開幕前の時点で個人条件で合意したと言う噂は
本当だったのだと思います。
もしもその時点で一気に獲得を決める事が出来ていたのならば
ギャンブルかもしれませんが
リバプールとの開幕戦を21チェンバース&16ホールディングで
戦わなくて済んだかもしれません。
しかし、そこからクラブ間の交渉がまとまらず
ダラダラと8月末までずれ込んでしまったのは
アーセナル側がお金を出し渋った結果というのは明らかであり
結果的には当初言われていたバレンシアが希望する£3000万よりも
£500万も多く出費する羽目になってしまいました。

この夏も交渉下手さを露呈してしまいましたが
結果的に20ムスタフィを獲得する事が出来た事は
非常に大きな補強になったと思います。
この20ムスタフィの獲得は戦力的な面だけではなく
4メルテザッカー&6コシールニーからの世代交代の面を考えても
完璧な補強になると思われます。


一方でこの夏も契約満了で退団したロシツキ、アルテタ、フラミニを始め
アーセナルを離れた選手が何人かいます。

ミドルズブラにローン移籍した21チェンバースは
アーセナルでは定期的な出場機会を得る事が難しいと思いますので
ミドルズブラで定期的な出場機会を奪取し
成長を促して欲しいと思います。
ボーンマスへローン移籍した10ジャックに関しても
この移籍でシーズン通して稼働する事が出来る体を
取り戻して欲しいと思いますので
前向きに捉えたいと思います。
一方でスポルティング・リスボンへローン移籍した28キャンベルは
同様に出場機会を求めて移籍しましたが
このままローン移籍を繰り返しても
アーセナルの未来があまり見えない様にも感じます。
しかし元々サイドの選手は人員過多とは言え
28キャンベルと同時にグナブリーも移籍させてしまったのは
例年怪我人が続出するアーセナルの事を考えますと
若干不安に感じますので、
どちらかはスカッドに残していた方が良かった様にも感じます。

反対に戦力外同様の状況と考えられ
この夏に移籍する事が確実視されていた
2ドゥビュシーと22サノゴは残留する事になりました。
21チェンバースが武者修行の旅に出た為に
25ジャンキンソンが戻ってくるまでの間
右SBのバックアッパーが不在になる事を考えますと
2ドゥビュシーを残留させた事は良いと思いますが
プレシーズンでも全く起用しなかった
22サノゴを残留させたのは納得できません。
記事によればボスが慰留した様ですが
このまま22サノゴを残留させても出場機会が与えられるのかどうか?
もしも22サノゴに出場機会を与えるのならば
プレシーズンマッチで結果を出した32アクポムに
チャンスを与えた方が意味がある様に感じてしまいます。

戦力外の選手を上手に放出出来ない
アーセナルの悪い面がここでも出てしまっている様に感じます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この夏の補強は必要なポジションに的確な補強が出来たと思います。

ストライカーこそは本音を言えば
ワールドクラスのストライカーの補強して欲しかったとは思いますが
獲得出来るストライカーの中では良い選択をしたと思います。
これで実質12ジルー1人しかCFがいない状況から脱する事が出来ましたが
9ペレスのプレースタイルを考えますと
PLやアーセアナルのスタイルへの適応に不透明な面もありますので
一先ず、『60点』としたいと思います。
しかしこの『60点』がシーズンが終わった時には
『80点』以上の補強だった振り返る事が出来る事を
9ペレスには期待したいと思います。

一方の司令塔に関しては
求めているスタイルに完全に合致する29ジャカを獲得できましたので
『100点』の補強だと思います。

同様にCBの補強も交渉段階での不手際はありましたが
今後5シーズン以上主力としての活躍が期待出来る
20ムスタフィを獲得出来た事と
先行投資の意味合いが強かった16ホールディングが
予想以上に早くフィットして
バックアッパーとして十分に計算出来そうな状況を考えますと
こちらも『100点』を与えて良いと思います。

トータル的にこの夏の補強を評価しますと

『80点』と考えます。

最近のアーセナルでは珍しく
必要なポジションに適切な補強が出来た移籍期間だったと思います。
イグアインとは言いませんが
願わくばストライカーにモラタ辺りを迎え入れる事が出来ていたら
更に充実した陣容を作る事が出来たと思いますが
例年の様に補強を諦める事なく
最終的に9ペレスを獲得した姿勢は評価したいと思います。


C'mon Arsenal !!


PL3:Watford vs ARSENAL [Arsenal マッチリポート]

Watford 1−3 ARSENAL
2016年8月27日(土)Premier League , Vicarage Road

Goal 
 (10)19Cazorla(p.k.)
 (40)7Alexis(←14Walcott)
 (45)11Özil(←7Alexis)
 (57)Pereyra


33Cech

24Bellerin 16Holding 6Koscielny 18Monreal

19Cazorla 29Xhaka 

    14Walcott  11Özil 15Ox-Chamberlain

7Alexis



(70)11Özil>>>35Elneny
(70)15Oxlade-Chamberlain>>>10Wilshere
(74)18Monreal>>>3Gibbs


Substitutes
 13Ospina
 21Chambers
 34Coquelin
 12Giroud


Arsenal 1.jpgここまで1分1敗とスタートダッシュに失敗した
アーセナルでしたが徐々に役者が揃い始めて
今シーズンの初勝利を飾りました。

先発はCBには前節同様に16ホールディングが入り
3列目には今シーズン初めて
19カソルラと29ジャカが組みました。
2列目には11エジルがトップ下に入り
右に14ウォルコット、左に15チェンバースを従え
1トップにはこの試合も7アレクシスが入りました。

この試合は中央にボールを捌ける
11エジル、19カソルラ、29ジャカの3人が入った事で
ここまでの2試合に比べて全体的にリズムとテンポが良かったと思います。

まず、11エジルは試合後にボスがコメントしていた様に
まだコンディション的に90分間フルにプレーできる状態にまでは
仕上がっていないのかもしれませんが
少なくとも後半途中までは流石と思わせるプレーを
何度も見せたと思います。

7分過ぎ、24ベジェリンからパスを受けた11エジルは
左サイドから中に走り込んできた7アレクシスに
ピンポイトでクロスを送りました。
そしてそのクロスを受けた7アレクシスが
相手DFから頭に肘鉄を喰らわせれてしまいPK!!

10分、そのPKを19カソルラがゴール真ん中に蹴りこみ先制ゴール!!

35分過ぎ、左サイドのスペースのない所を通した
29ジャカのパスを受けた7アレクシスが
相手選手の間をカットインしてドリブルで切り込んでいき
そして11エジルとのワンツーでDFラインを一気に突破し
シュートを放ちましたが残念ながらゴメスに防がれてしまいました。

37分過ぎ、16ホールディングのフィードを受けた11エジルは
そのボールを7アレクシスへ渡して
自らはラインの裏に向かって走り込みました。
その11エジルの動きに合わせて7アレクシスからスルーパスが送られ
そのままシュートを放ちましたがこれもゴメスに防がれてしまいました。

そして前半ロスタイム、このコンビから3点目が生まれました。
29ジャカからのミドルパスを受けた
15チェンバレンから7アレクシスに繋がり
その7アレクシスからゴール前に走り込んできた11エジルに
ピンポイントクロスが送られヘディングシュートでゴール!!

この試合での7アレクシスと11エジルのコンビネーションは
非常に際立っていたと思います。
お互いが描いたゴールへの道筋を
お互いが完璧に理解してプレーしていた様に見えました。

この後も48分過ぎの19カソルラとのワンツーの場面や
53分の24ベジェリンへのスルーパスの場面など
動く相手を更に活かすパスを11エジルは何度も見せ
攻撃陣を活性化させていたと思います。

その11エジルとの抜群のコンビネーションを見せ
ここ2試合の低調ぶりを払拭した7アレクシスが
この試合の2ゴール目を挙げました。

39分、始まりは左サイドでパスを受けた7アレクシスからでした。
その7アレクシスから中央の11エジルへパスが送られ
そこから24ベジェリン〜14ウォルコットと右サイドへ展開されました。
そしてその14ウォルコットからの鋭いクロスを
走り込んできた7アレクシスが合わせてゴール!!

ここまでの2試合は
前線で孤立する事が多かった7アレクシスでしたが
この試合では見違える様に活き活きとしていたと思います。
それはプレーのイメージを共有できる
11エジルと言うパートナーを得た事も大きかったと思いますが
スタートは1トップの位置でスタートしましたが
試合が進むにつれ左サイドに開いてプレーする事が多かった事も
状況が好転した一因に見えました。
この事からも7アレクシスは
ボールを持っていても持っていなくても
ダイナミックに動いてこそ、
その能力が発揮されると思われ
幾ら決定力があるからといって
1トップの位置で相手のCBと常に対峙していては
7アレクシスの能力を発揮させる為の
ダイナミックな動きが見せられず、
結果として沈黙する結果を招いていたと考えられます。
どちらにせよ代表戦明けには
コンディション調整中の12ジルーも復帰し、
新加入のルーカス・ペレスも使える様になっていると思いますので
7アレクシスはサイドに戻る事になっていると思います。

これまでの2試合では期待しているレベルのプレーを
見せる事が出来なかった29ジャカも非常に良かったと思います。
これまでの2試合はボールに触る機会が少なく
そして前を向いてプレーする事が余り出来ていなかった29ジャカですが
この試合ではそれらの問題が一気に解消され
DFラインから出されるボールは29ジャカを経由し
そこから前を向きテンポよくパスを捌き
そして厳しそうに見えるパスコースでも
ズバズバと縦パスを通して良いリズムを生み出していたと思います。
それと共にミドル〜ロングレンジのピンポイントパス一本で
チャンスも演出していました。

44分、セーターサークルの中にいた29ジャカから
前方に出されたロンングパスは
ペナルティ内に走り込んだ14ウォルコットにピタリと合い
14ウォルコットはそのままダイレクトでシュートを放ちました。

この場面の様に14ウォルコットが走り込むコースに
合わせる様なパスを送る事もあれば
3点目の起点になった15チェンバレンヘ送ったパスの様に
並走しているマーカーが触れないコースから
15チェンバレンの脚元に合わせる様なパスを送る事もあり
状況に応じて複数の球種のパスを使い分け
しかもそのどの球種のパスでも変わらぬ精度を誇っていたと思います。

ボスもコメントしていましたが
これまでのアーセナルは3列目からショートパスを繋いで
攻撃を組み立てていく事を基本としていましたが
この場合ですと2ラインをタイトに配置して
スペースを消されてしまうと
崩しきれなくなると言う問題がありました。
しかし29ジャカのこの飛び道具があれば
一本のロングレンジのパスでDFラインを下げる事が出来、
それによって生み出される2ラインの間にスペースを
11エジルや19カソルラが自由に使える様になれば
攻撃陣の停滞は解消できるかもしれません。

また守備の面ではタックルが多く、
やや荒い印象を受ける事もありますが
全体的にはフィジカル的な強さを活かしたディフェンスは
効いていたと思います。
そしてSBが上がった時には
SBの裏に出来たスペースを消す為にポジションを移し
サイドからクロスを入れられた時には
CBと共にゴール前のスペースを的確にカバーしていたと思いますので
中盤の底として攻守に渡って高い貢献度を示したと思います。

この試合でもう一人印象的なプレーを見せたのは
16ホールディングだと思います。
ワトフォードの2トップの戦術はある意味単純で
フィジカル的に強いディーニーが
相手のDFを蹴散らして穴を開ける所から始まります。
そしてこの試合でそのディーニーのターゲットとなったのは
当然ですが6コーシールニーではなく
16ホールディングの方でした。
その16ホールディングがフィジカル的に強く老獪なディーニーを
どれだけ抑える事が出来るかどうかを注目して見ていましたが
球際のせめぎ合いでも負けていませんでしたし
老獪な駆け引きの面でも翻弄される事なく
しっかりと抑えていたと思います。

開幕から3戦連続先発した16ホールディングの成長は
目を見張るものがあると思います。
加入前のトゥーロン国際大会で見せた
どこか自信なさそうにプレーしていた姿はもうなく
自信に満ち溢れた姿をピッチで見せていると思います。

これまで散々新たなCBを求め
やっと念願のムスタフィの加入が決まりましたが
そのムスタフィの加入によって
この16ホールディングの出場機会が減る事を
少し残念にも感じています。
勿論、このまま16ホールディングに
重責を背負わせ続ける事が良い事だとは思いませんが
この3試合の間でも急速に成長している16ホールディングが
この1年でどこまで成長する事が出来たのかも
今更ながら見てみたかった気もします。

後半は勢いを強めたワトフォードに対して
守勢に回る機会が多くなり
1点返されてしまいました。

57分、左サイドから入れられたクロスを
6コシールニーがヘッドでクリアーしましたが
そのクリアーボールが19カソルラに当たってしまい
ルーズボールとなって中央に溢れてしまいました。
そしてそのルーズボールに対して
今度はミドルシュートを撃たれてしまい
それも6コシールニーがブロックしましたが
そのこぼれ球も今度は24ベジェリンに当たり再びゴール前に溢れ、
最後はそれを拾ったペレイラに押し込まれて失点。

2度のクリアーボールが味方に当たって
ゴール前に舞い戻ってきてしまったのは不運であり
仕方がなかったと思いますが
ここ2試合の淀んだ雰囲気を完全に払拭するためには
クリーンシートで終わってほしかったとは思います。

終盤はホームのワトフォードペースで進みましたが
最後まで守りきり今シーズン初勝利を挙げました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

33チェフ

 相手のクロスを完璧に合わしてしまってあわやオウンゴールのコジールニーのシュートも、後半のホレバスのミドルシュートからのこぼれ球を押し込んだイガロのシュートも完璧なセーブでゴールを守る。

24ベジェリン

 ドリブルでサイドを駆け上がるのも魅力だが、後半11エジルのスルーパスでサイドの深い位置まで抜け出した様なダイナミックなフリーランニングをもっと試みた方が相手のSBとしては嫌な様な気がする。

16ホールディング

 難敵のディーニーと対峙しても一歩も引けを取らずにしっかりと抑え込む。 急成長を見せる

6コシールニー

 失点シーンでは2度のピンチをブロックするも、そのこぼれ球がことごとくゴール前に戻ってくる不運に見舞われる。 あわやオウンゴールの場面もあったが全体的に安定していた。

18モンレアル

 全体的には安定していたが、振り切られてクロスを上げられてしまう場面が若干多い様に感じる。 人に対するアグレッシブさがやや足りない印象。

19カソルラ

 11エジル等と軽快なコンビネーションを見せて良いリズムでプレーしていた。 まだベストな状態ではないが通常のレベルに近づいただろう。

29ジャカ

 非常に良かった。 DFラインからボールを引き出し前を向いてプレー出来ていた。 長短のパスを操りボールを前線に供給し続ける。 特にロングレンジのピンポイントパスは非常に有効だった。

14ウォルコット

 決め切れなかったが良い形でゴールには迫れていた。 

11エジル

 アタッキングサードで違いを作る。 コンディション的にもう少し時間が必要そうだが、11エジルがいれば攻撃陣の輝きは増す。

15チェンバレン

 守備の局面で積極性が出ていたのは評価できるが、現時点ではそれが継続出来てはいない。

7アレクシス

 11エジルと言うパートナーを得て輝きを取り戻す。 この試合を見ているとやはりサイドを起点にしてプレーした方がやり易そう。

35エルネニー
 
 勢いを増したワトフォードの攻撃を豊富な運動量でカバーする。

10ウィルシャー

 後半途中からサイドで起用されたがインパクトは残せず。

3ギブス

 非常にアグレッシブで良かった。 与えられた時間で積極的にアピールする姿は好感が持てる。 昨シーズンに比べ18モンレアルはまだ万全ではないだけにこれからチャンスが訪れるだろう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

代表戦を前にして今シーズンの初勝利を挙げた事に
とりあえず一安心です。

これで代表戦明けには新たなスタートを切れると思います。

移籍期間終盤まで補強が上手くいかずに
ヒヤヒヤしましたが20ムスタフィと9ペレスを獲得し
スカッドに空いていた穴を塞ぐ事が出来たと思います。

そして先発した11エジルは違いを見せ
新加入の29ジャカも3戦目にして
期待している様なプレーを披露する事が出来たと思いますので
これから非常に楽しみです。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7アレクシス   PL:1G1A
11エジル     PL:1G0A
14ウォルコット  PL:1G1A 
15チェンバレン  PL:1G0A 
17イウォビ    PL:0G1A 
19カソルラ    PL:1G2A 
21チェンバース  PL:1G0A 


セルジュ・グナブリー、ヴェルダー・ブレーメンへ完全移籍 [移籍情報]

セルジュ・グナブリー(21歳)のヴェルダー・ブレーメンへの完全移籍が決まりました。

Arsenal 1.jpgこの夏のリオ・オリンピックで
得点王に輝きドイツ代表の準優勝に貢献した
グナブリーのヴェルダー・ブレーメンへの
移籍が決まりました。

PL:5試合先発5試合途中出場
   1ゴール1アシスト
CL:4試合途中出場
FA杯:2試合先発1アシスト
EFL杯:2試合先発1試合途中出場
アーセナル通算:9試合先発10試合途中出場
        1ゴール2アシスト


移籍金£800万(推定)


2011年夏、16歳でシュトゥットガルトから
アーセナルに移籍したグナブリーは
リザーブチームに入りましたが
2012年9月にはリーグカップで
公式戦デビューを果たしました。

2013/14シーズンは更に出場機会を増やしましたが
2014/15シーズンは怪我の影響もあり
公式戦での出場機会はなく
昨シーズンは出場機会を求めて
WBAへシーズンローンに出ましたが
出場機会はPLとリーグカップ戦で僅か3試合にとどまり
シーズン半ばでローン移籍が解除されると言う屈辱を味わい
アーセナルに戻ってきました。

実際問題としてここ2シーズンは
壁にぶち当たっていた印象が強かったグナブリーでしたが
この夏に唯一出場したプレシーズンマッチのランス戦では
非常に良いプレーを見せ、
遂に壁を破る兆しを見せていましたので
今回のリオ・オリンピックは期待して見ていました。
そしてその期待した通りの活躍を見せるだけではなく
6ゴールを奪って得点王に輝いてドイツ代表を準優勝に導く
期待以上の活躍を見せてくれましたが
しかし皮肉な事にその期待以上の活躍で
グナブリーの周囲は非常に騒がしくなってしまいました。

周囲のクラブがグナブリーの獲得に動く中、
アーセナルも契約延長した上で
他のクラブへのローン移籍を模索していたようですが
最終的にグナブリーは
完全移籍という形を選択をする事になった様です。

オリンピックとは言え準優勝に導き
得点王にも輝きましたので
グナブリーが次のステップとして考えるのは
ファーストチームの定着、
そしてより多くの出場機会を得る事だと思います。

しかし、アーセナルに戻っても
ファーストチームに残れるかどうかの当落線上であり
仮にファーストチームに残れても
十分な出場機会が得られない可能性もあると思いますので
出場機会を得る為にローン生活を送るのならば
出場機会が得られそうなクラブに
完全移籍で移ろうと考えるのは十分理解できます。

オリンピックと言う舞台を契機に
才能が開花しようとしているこのタイミングで
手放す事はアーセナルにとっては不本意だと思われますが
無理に引き止めてその才能が開花するタイミングを
潰すわけにもいかないと思います。

正直、アーセナルに籍を置いたまま
ブレーメンにローン移籍する方法を
選んで欲しかったと思いますが、、、。

グナブリーにはこの勢いを逃さずに
ドイツ代表まで一気に登り詰める事を期待したいと思います。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
IN

ボルシアMGから
 CMF グラニト・ジャカ(23歳)移籍金£3000万(推定)スイス代表

ダイヤモンド・フットボール・アカデミーから
 攻撃的MF ケレチ・ヌワカリ(18歳)移籍金£300万(推定)ナイジェリアU-17代表

サンフレッチェ広島から
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)移籍金£350(推定)日本代表

ボルトン•ワンダラーズから
 CB ロブ・ホールディング(20歳)移籍金£200万(推定)イングランドU-21

デポルティーボ・ラ・コルーニャから
 ストライカー ルーカス・ペレス(27歳)移籍金£1710万(推定)スペイン

バレンシアから
 CB シュコドラン・ムスタフィ(24歳)移籍金£3500万(推定)ドイツ代表


OUT

スパルタ・プラハへ
 攻撃的MF トマス・ロシツキ、(35歳)フリー 

引退(マンチェスター・シティのコーチへ就任)
 CMF ミケル・アルテタ(34歳)

未定
 DMF マチュー・フラミニ(32歳)フリー

オックスフォード・ユナイテッドへ
 攻撃的MF ダン・クローリー(18歳)シーズンローン

ニューカッスルヘ
 DMF アイザック・ハイデン(21歳)完全移籍:移籍金非公開

グラナダヘ
 攻撃的MF ジョン・トラル(21歳)シーズンローン

フルミネンセヘ
 サイドアタッカー ウェリントン・シウバ(23歳)完全移籍:移籍金非公開

ローマヘ
 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(26歳)シーズンローン(買取オプション付き?)

スポルティング・リスボンへ
 サイドアタッカー ジョエル・キャンベル(24歳)シーズンローン

シュトゥットガルトへ
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)シーズンローン

ミドルズブラへ
 CB、右SB カラム・チェンバース(21歳)シーズンローン

ボーンマスヘ
 攻撃的MF ジャック・ウイルシャー(24歳)シーズンローン


ヴェルダー・ブレーメンへ
 サイドアタッカー セルジュ・グナブリー(21歳)移籍金£800万


 

ジャック・ウィルシャー、ボーンマスヘローン移籍 [移籍情報]

ジャック・ウィルシャー(24歳)のボーンマスへのシーズンローンが決まりました。

Arsenal 1.jpgここ数シーズン怪我に伴い
シーズン通して稼働する事が出来ずに
苦しんでいた10ジャックの
ボーンマスヘのシーズンローンが
決まりました。


アーセナル通算:121試合先発38試合途中出場
        12ゴール25アシスト


アーセナルの下部組織から昇格してきた
10ジャックは2008年9月13日のブラックバーン戦に
クラブ史上最年少記録となる16歳と256日で出場し
アーセナルを背負って立つアイコンとして期待されてきました。
その期待に応えて2010/11シーズンは
主力としてシーズン通して活躍しましたが
その後は度重なる怪我の影響で
満足のいくシーズンを送れていません。

特にここ2シーズンは終盤に数試合出場するだけの
ほぼシーズン全休に等しい状況が続いており
今シーズンこそは完全復活が望まれていました。

しかし現在のアーセナルのスカッドは充実しており
常時先発で出場する事は難しく
その結果イングランド代表から
遠ざかってしまう事を危惧した10ジャックは
定期的な出場機会を求めて移籍を志願し
数多くのオファーの中から
エディ・ハウ率いるボーンマスヘの
シーズンローンが決まりました。

個人的にはこのシーズンローンの賛否は半々です。

ここ数シーズン全く稼働できていない状況を考えますと
いきなり先発でフル稼働するのは難しいと考えられ
途中出場を繰り返しながら
まず試合に対応できるフィットネスを
徐々に取り戻そうとしていた
開幕からの状況は賛成でした。

取り敢えずシーズン前半は途中出場で
体を実戦に慣らしながら準備を重ね
シーズン半ばから徐々に先発でも起用しながら
今シーズンこそは怪我で離脱せずにシーズン通して稼働する事を
優先して欲しかったと思います。

それにシーズン序盤は多くの出場機会を得られなくても
ご存知の様にシーズン中頃からアーセナルは怪我人が続出しますので
焦らなくても否応なしに出場機会は増えてくるはずだったと思います。

どちらにせよ現在のアーセナルのスカッドは
バランスが整えられて充実していると思いますので
怪我明けの10ジャックがすぐに先発で起用できる程
甘い状況ではなくなりましたし
シーズン通して30試合以上先発する様なペースで
負荷を与えてしまってまた怪我で離脱してしまっては
元も子もありません。
現実的には途中出場を合わせて公式戦25〜30試合程度
出場する位を目標にしてシーズン通して稼働できる事を
証明して欲しかったと思いますので
主力として常時出場する事が求められる
他クラブへの移籍は個人的には余り賛成できません。

一方でクラブ内で常時出場できていない選手は
イングランド代表には呼ばないと言う
明確な指標が出された為に
今シーズンアーセナルに残った場合には
代表に呼ばれなくなる事を危惧した
10ジャックの気持ちも分からなくはありません。

その様な状況で10ジャックの獲得を目指した多くのクラブの中で
エディ・ハウが率いるボーンマスを選択した事は
良い選択をしたと思います。

エディ・ハウが率いるボーンマスは
基本的には如何なる時も
自らがボールを支配するスタイルを貫こうとする所は
10ジャックのスタイルにフィットすると思いますので
お互いにとって良い移籍になる可能性が高いと思います。
しかしボーンマスはチーム全体が攻守において
アグレッシブにプレーする事も求められ
そのアグレッシブなスタイルは
10ジャックのパーソナリティー的にはあっていても
フィジカル的には負荷が強すぎるスタイルとも言えますので
怪我のリスクを考えますと非常に心配です。

そして仮にボーンマスで期待される様な結果を
見せられなかった場合には
来シーズンアーセナルに戻ってきても
チームの中には居場所が無くなっている可能性もありますので
絶対にミスが許されないローン移籍だと思います。

ボーンマスでは主力として期待されてしまうと思いますが
今シーズンこそはシーズン通して稼働する事を
まず優先して欲しいと思います。
そして来シーズンにアーセナルに戻ってきた時には
本当の10ジャックの姿に戻った姿を見せて欲しいと思います。


C'mon Arsenal !!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
IN

ボルシアMGから
 CMF グラニト・ジャカ(23歳)移籍金£3000万(推定)スイス代表

ダイヤモンド・フットボール・アカデミーから
 攻撃的MF ケレチ・ヌワカリ(18歳)移籍金£300万(推定)ナイジェリアU-17代表

サンフレッチェ広島から
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)移籍金£350(推定)日本代表

ボルトン•ワンダラーズから
 CB ロブ・ホールディング(20歳)移籍金£200万(推定)イングランドU-21

デポルティーボ・ラ・コルーニャから
 ストライカー ルーカス・ペレス(27歳)移籍金£1710万(推定)スペイン

バレンシアから
 CB シュコドラン・ムスタフィ(24歳)移籍金£3500万(推定)ドイツ代表


OUT

スパルタ・プラハへ
 攻撃的MF トマス・ロシツキ、(35歳)フリー 

引退(マンチェスター・シティのコーチへ就任)
 CMF ミケル・アルテタ(34歳)

未定
 DMF マチュー・フラミニ(32歳)フリー

オックスフォード・ユナイテッドへ
 攻撃的MF ダン・クローリー(18歳)シーズンローン

ニューカッスルヘ
 DMF アイザック・ハイデン(21歳)完全移籍:移籍金非公開

グラナダヘ
 攻撃的MF ジョン・トラル(21歳)シーズンローン

フルミネンセヘ
 サイドアタッカー ウェリントン・シウバ(23歳)完全移籍:移籍金非公開

ローマヘ
 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(26歳)シーズンローン(買取オプション付き?)

スポルティング・リスボンへ
 サイドアタッカー ジョエル・キャンベル(24歳)シーズンローン

シュトゥットガルトへ
 ストライカー 浅野 拓磨(21歳)シーズンローン

ミドルズブラへ
 CB、右SB カラム・チェンバース(21歳)シーズンローン

ボーンマスヘ
 攻撃的MF ジャック・ウイルシャー(24歳)シーズンローン